ただいまの益田YEG会員数 57

uid000066_20170925155917f4fa36a4.jpg uid000066_20170925161004c54c1bf8.jpg uid000066_20171018165551dc7e2e09.jpg uid000066_20171027090813e6d19130.jpg uid000066_201711172333023edabea3.jpg
TOP  >  委員会ブログ  >  最新エントリー
事務局

益田商工会議所内

〒698-0033
島根県益田市元町12−7

TEL(0856)22−0088
FAX(0856)23−4343

委員会ブログ

創立35周年 記念講演会のお知らせ 日 時 平成28年6月20日(月)19時より 場 所 益田市立市民学習センター 内 容 心に響くコミュニケーション やる気を引き出す魔法の言葉 講 師 日本ペップトーク普及協会     会長 岩崎 由純 氏 定 員 300名(定員になり次第締め切らせていただきます)

  • 閲覧 (1051)

続いて『夢』トークの時間です。
両選手から、夢持つこと大切さや夢をかなえるための努力など『夢』についてお話しして頂きました〜。

質問タイムでは、『夢』以外の質問が続出。

『彼女はいますか?』の質問に、
『彼女はいませんが、奥さんがいます〜』

少し脱線気味です〜(´・ω・`)

 

でも、10分オーバーの楽しい時間となりました。

  • 閲覧 (844)

続いては〜
昼食をはさみ、両選手のサイン入り景品が当たるジャンケン大会です〜(*^^*)

ジャンケンを勝ち抜いた子どもたちは、『千本引き』という更なる選択肢が待っています。

...

曳野選手も梅宮選手も「『千本引き』がおもしろい〜」と絶賛してくれました。(徹夜で作った甲斐がありました!)

当たった景品に両選手のサインも頂きました。

 

今回の『夢』アカデミーで印象残ったのは〜
『夢』トークの中でも、最後に子どもたちに伝えるメッセージでも、終始一貫して出てくる『感謝の気持ちを忘れないこと』という言葉。プロのスポーツ選手から、このような言葉を聞くとは少し意外でした。

曳野選手は、小学生の頃から自分がバスケットをやるために、家族に応援してもらった。お母さんがお弁当を作って送り出してくれた。プロになるなら頑張れ!と背中を押してもらったことなどを挙げ、「みんなに支えてもらっているんだという感謝の気持ちを忘れなければ、嫌なことや、つらいことがあっても簡単にやめられない、頑張れる。諦めない強い気持ちがうまれる。だから感謝の気持ちを忘れないで。」とおっしゃっていました。

梅宮選手は、「今日家に帰ったら、何か一つでもいいから、おうちのお手伝いをしてください。お父さんやお母さんは、みんながお手伝いをしてくれたことを、きっと喜んでくれるはず。そして感謝の気持ちを忘れないでください。」と。

また小松原マネージャーさんは、「今日ここには、みんなのお父さんやお母さんはいません。大人は緑のジャンパーを着たスタッフだけです。この人たちが自分たち(島根スサノオマジック)を呼んでくれて、みんなが参加してこういう時間を持てました。帰る時は、緑のジャンパーを着たスタッフの人に“ありがとうございました。”と言って帰りましょう。」と。

私たちは、誰かに『ありがとう』と言ってもらうために、この団体で事業をしているわけではないけれど、自分たち自身も、色々な人たちの協力があるからこそ、こうやって活動ができるということを改めて感じることができました。まさに“感謝”です。

バスケットというスポーツを通して、「感謝の気持ちを忘れない」という最高の言葉を学びました。

曳野選手、梅宮選手と小松原マネージャー様、
シーズン中にもかかわらず、また悪天候の中、最西端の益田市へお越しいただきありがとうございました。
そして参加してくれた小学生の皆さん、ありがとうございました。

  • 閲覧 (807)

本日8:30より、”「夢」アカデミーWITH島根スサノオマジック”を開校しました。


今日は、曳野康久選手と梅宮学選手のお二人をお迎えしての『夢』アカデミーの開校となりました。
始めは、プレー指導時間です。

 


子どもたちの真剣眼差し学ぶ姿勢はキラキラしていて、とても感動的です。
約70分間のプレー指導のあとは、会場を益田商工会議所に移しての『夢』トーク時間です〜

   

  • 閲覧 (795)

お礼
21日より始まった2泊3日の『お仕事マナブスクールinキッザニア東京&益田こども大使活動』ですが、本日無事終了いたしました。
12人の参加者の子どもたちも多少の疲れは見えたものの笑顔で帰って来れました。
初めて飛行機に乗る子もいれば、初めて地下鉄に乗る子も。
キッザニア東京での職業体験や都内での益田PR活動もきっちりとこなしてくれました。...
参加してくれた子どもたちは何を学び何を感じたのでしょうか?
まだおぼろげだった夢や希望がこれから先の将来へ動き出した子もいるかもしれません。この事業がそんな子どもちの一つのきっかけになれば幸いです。
大きな鞄を持っての移動は大変だったと思います。
家族へのお土産や自分へのご褒美で一層大きくなった鞄。今回の旅に必要だったものも、そうでなかったものもあることでしょう。大きくなった鞄の中には今回の旅行で体験したたくさんのことも一緒に入っていることと思います。きっと。
最後になりましたが、この度この事業にご協力頂きました皆さまに厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

  • 閲覧 (849)

荷物も預け、今から益田へ帰ります〜♪
みんな元気です〜♪
保護者の皆さま、お迎えよろしくお願いいたします。

  

  • 閲覧 (767)

B班は、文京シビックホールでPR活動です。みんなで準備開始。のぼりの組立にわかめ茶漬けの袋詰めも準備完了。
見た目にこだわる女子は『わかめ茶漬けのロゴが表面に!』と男子を指導。
頼もしい〜。
さぁ、みんなでPR活動開始です。

...

行き交う人に声をかけわかめ茶漬けセットを手渡しします。
一言PRを添えて。

皆さん足を止めて子どもたちの話に耳を傾けてくださいます。

子どもたちの頑張りで45分程で益田こども大使活動も終了しました。

これから羽田空港へ移動します〜♪

  

  

  

  • 閲覧 (780)

お仕事マナブスクール in キッザニア東京&益田こども大使活動3日目。
本日は2班に分かれての活動です。朝食を済ませて、電車で移動しA班は島根県のアンテナショップであるにほんばし島根館へ。子どもたちは、益田こども大使として益田市の観光地や自然、食べ物や産品などを前日に作成したのぼり旗を手にPR中です!

 

  

  

 

  

  • 閲覧 (733)

今日は一日中歩き通しでしたが、ホテルに戻ってから疲れも見せずのぼりの製作をしました。アイデアに溢れたのぼりが出来ました。明日は元気にPR活動をして欲しいと思います。その後はトリトンスクエアで夕食を摂りました。しっかり食べて最後のお仕事に取り組みたいと思います。

  

  

  

  • 閲覧 (745)

 

お仕事マナブスクール in キッザニア東京&益田こども大使活動2日目後半です。
子どもたちはワクワクした気持ちでひとりひとりが様々な職業を目を輝かせながら体験をしました。
子どもたちから感想を書いてみると、「楽しかった」「色々な職業を体験出来て良かった」「接客マナーやルールを知る事が出来た」などがありました。キッザニア東京での体験は子どもたちにとって実り多き活動になったと感じています。

   

   

  

  

    

  

  • 閲覧 (707)
Copyright ©益田商工会議所青年部(益田YEG).All Rights Reserved. (ログイン