ただいまの益田YEG会員数 36名

uid000066_2017060410325013b1b11c.jpg uid000066_20170620175303d059112a.jpg uid000066_2017071508053809ae89f8.jpg uid000066_2017101816561024b72978.jpg uid000066_201711231536310301eacb.jpg
TOP  >  益田YEGニュース  >  最新エントリー
カテゴリ一覧
過去の記事
事務局

益田商工会議所内

〒698-0033
島根県益田市元町12−7

TEL(0856)22−0088
FAX(0856)23−4343

E-mail:yeg@masudacci.jp

益田YEGニュース

 去る1月16日(月)、益田商工会議所3階大会議室において令和4年度新入会員入会式、1月例会、中国ブロック大会益田大会令和4年度活動報告会が開催されました。
例会セレモニーの前に行われた新入会員入会式では新たに2名の仲間を迎える事ができ、自己紹介では今後の益田商工会議所青年部(益田YEG)での活動に向けて、抱負や思いを語ってくれました。

 

 セレモニー終了後、中国ブロック大会益田大会に向けての令和4年度活動報告会が開催されました。中国ブロック大会益田大会へ向けた準備状況や活動内容を各委員会単位で報告する内容で実施され、各委員会の活動内容を部員全員で共有する事が出来ました。

産業祭委員会 報告

地域創造委員会 報告

総務広報委員会 報告

 その中で行われた分科会グループワークでは地域の課題解決、益田の豊富な食文化、日本遺産のまち益田、益田圏域の魅力の4つグループに分かれディスカッションを行い様々なアイデアや意見を聞く機会になり、実りある時間になりました。



グループワークの様子

大谷会長による総括の様子

 今後の準備期間及び大会当日まで残された時間は多いようで少ないです。中国ブロック大会益田大会へご参加いただく方々に良い大会だったと思っていただける為にも、今後も益田YEG全体で引き続き準備を進めていくことが重要だとあらためて実感した例会となりました。
 

 去る1月12日(木)、益田商工会議所1階大ホールにて新入会員研修会(後期)を開催しました。
 

総務広報委員会 寺戸委員長趣旨説明
 

 新入会員研修会(後期)では、新入会員がリーダーとなり勝利を目指す中で青年部活動に今後必要となるリーダーシップ、コミュニケーション能力を養ってもらう目的でニュースポーツと呼ばれる「モルック」をプレーしてしました。

 

ルールは、モルックと呼ばれる棒を投げてスキットルというピンを倒していきます。スキットルには1〜12の数字が書いてあり、1本倒すと書いてある数字の得点が入ります。複数本倒すと倒した本数の得点が入ります。合計得点が30点ピッタリになった方が勝利。30点を1点でも超えると15点からになり、そこから再度30点を目指すというルールです。
得点の取り方が勝負の鍵となる難易度が高いですが、とても面白いスポーツです。

田原直前会長によるファーストピッチセレブレーション

 

 新入会員のメンバーに指示する姿、笑顔や歓声が終始会場を包み大変活気のある研修になり、また多くのオブザーバー参加もあり部員相互の交流もはかることもできました。

  

モルックの様子

新入会員の感想の様子

 今後も様々な活動においてリーダーシップを発揮し、共に益田YEGの活動を盛り上げていきたいと感じた研修会でした。
 

新年のご挨拶

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2023/1/1 0:00

 

新年のご挨拶

 令和4年度会長:大谷 卓   事業所:株式会社益田クッキングフーズ

  新年あけましておめでとうございます。皆様方におかれましては、輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。また、日頃より益田商工会議所青年部(以下益田YEG)の活動に対し、格別なご支援とご鞭撻を賜り、心より厚く御礼申し上げます。

 さて、新型コロナウイルスの影響は依然として続いており、市民生活にも影を落としております。しかしながら、われわれ益田YEGはBeyondコロナ(コロナの先へ)の考えのもと、歩みを止めずリアルな活動を行ってまいりました。なかでも11月6日に開催しました第36回ますだ産業祭においては、原点回帰して従来の市民学習センター周辺に会場を移し、伝統の万葉鍋ラーメンも復活いたしました。このたびは出店(出演)者様、来場者様ともに大変多くの方々に足を運んでいただき、盛況のなか無事に開催することができたことを心より感謝申し上げます。

青年部内においても“交流”に重きを置き、内部交流会や他団体との交流会を積極的に行ってまいりました。それにより、部内の連繋向上につながり良いコミュニティを形成することができた結果、幸いにも本年度は多くの新たな仲間(新入部員)が加わってくれました。

今年度は「∞(MUGEN)貢献〜末広がりのいいまちづくり〜」をスローガンに掲げ活動しております。我々青年部は若き企業家団体であり、地域社会の経済的発展の支えとなることを目的としています。青年部活動を通し自己研鑽をし、学ぶことが自社業の永続、発展に繋がり、そしてまちづくりに貢献できる企業へ成長できると考えます。

今年度も残すところ3か月となりましたが、我々青年部は意識を革新し、気概をもって積極的に行動していきます。皆様におかれましては、今後も私どもの活動に対しまして旧に倍するご理解とご協力、また厳しくも温かいご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
 結びに、本年が皆様にとりましてより良き年になるよう心より祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

 

12月例会・臨時総会  開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/12/27 11:33

 去る12月19日(月)に益田商工会議所3階大会議室にて令和4年度12月例会・臨時総会を開催しました。

 

例会セレモニー後、議長を大谷会長が務めた臨時総会では、第1号議案として次年度役員の選任を行い、令和5年度の理事17名と監事2名を選出、併せて第2号議案「中国ブロック大会特別会計 補正予算」が満場一致で承認されました。

また次年度副会長予定者として寺戸孝幸君、田原慎一郎君、松本慎吾君の選任が次年度会長予定者の中岡正道君より発表され滞りなく終了しました。

 

次年度が良い形で始められるよう、今年度の残りの事業に引き続き邁進してまいります。

 

 

<次年度役員>

 

<理事>

石田 伸        市原 崇敬      大畑 友幸      蔵本 晶夫      小林 宏彰

鹿野 智資      城市 宙        田原 慎一郎    田原 亮輔      寺戸 大輔

寺戸 孝幸      中岡 正道      永見 勇大      能地 真志   藤原 誠  

藤原 政志      松本 慎吾      (以上17名)

 

<監事>

柳田 晴治      渡辺 賢世      (以上2名)

 去る令和4年12月10日に「出雲商工会議所青年部創立40周年記念式典」が出雲市内のビッグハート出雲にて執り行われ、益田商工会議所青年部(益田YEG)より事務局を含む8名で参加して参りました。

 
 
 記念式典のオープニングでは、令和4年度出雲YEG会長の園山真哉様による力強い和太鼓の演奏に続いて「出雲國神戸川太鼓」による演奏で開会となりました。
  

         園山会長の和太鼓演奏               「出雲國神戸川太鼓」        

 

 園山会長の挨拶では、40周年のスローガンを『PASS the BATON』として、40年という長きにわたり、諸先輩方から繋げて頂いたバトンを次の世代へ自分たちが止めることなく5年先・10年先に継ぎ、紡ぎ繋げていくというお話をされました。

 

 出雲商工会議所青年部 園山会長 挨拶

 その後、歴代会長への感謝状の贈呈が行われて、式典の最後にはこれからの5年間に向けてのヴィジョンとスローガンを発表され、目標に向かって邁進し、次の世代にバトンを渡して行くと熱い思いを伝えておられました。

 

 

 出雲ロイヤルホテルに会場を移して行われた祝賀会では、コロナ禍という事もあり感染対策を徹底して開催されましたが、出雲YEGさんらしく終始とても盛り上がりのある祝賀会でした。

 
 
 この度の出雲YEGの皆様の設えに感謝するとともに、この経験を今後の益田YEGでの活動にも活かしていきたいと思います。最後になりますが出雲商工会議所青年部創立40周年誠におめでとうございます。

益田青年会議所交流会 開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/12/13 17:25

 12月8日(木)、公益社団法人益田青年会議所様(以下益田JC)と益田商工会議所青年部(以下益田YEG)のスポーツ交流会を益田市民体育館にて益田JC様主管により開催されました。

 

 開会式では益田JC草野理事長と益田YEG大谷会長より挨拶があり、その後ルール説明に続いてソフトバレーボールを行いました。

  

          益田青年会議所 草野理事長           益田商工会議所 大谷会長

 

 3セット15点マッチ、益田JCチーム対益田YEGチームで対戦しました!

 試合は互いに1セットずつを取り合う白熱した展開になり、途中スペシャルチャンスなどバラエティー溢れる試合になりましたが、益田YEGチームの勝利に終わりました!

 

 

 スポーツ交流会終了後、場所をちるちるみちる駅前店に場所を移して行われた懇親会では表彰式、各チームのMVPの発表などがありました。お互いの事業についての情報交換なども出来、終始和やかに親睦が深めることができました。最後になりますが、主管された益田JCの皆様に御礼申し上げます。楽しい時間をありがとうございました。


 

 

 

 この度、益田商工会議所青年部に入会しました、株式会社beーFront代表の小倉真吾と申します。

 弊社は株式会社BAP holdings傘下の会社になり、美容室、ネイル、アイを全国展開しており、美容を通じてお客様に美を提供しております。
 益田市に出店を決めた理由は、若者美容師が夢を持って仕事が出来るような働く環境を作ることで、より多くの美容師に益田市へ目を向けて頂き、UIターン者の受け皿となり地域活性化を行いたいと考えたためです。美容を通じて地域に貢献出来るように努めて参りますので、今後とも宜しくお願い致します。
 

地域創造委員会 小倉 真吾  事業所:株式会社beーFront

 この度、益田商工会議所青年部に入会させて頂きました株式会社TОPの三浦宰と申します。

 弊社は平成29年に個人事務所として立ち上げました。令和元年には株式会社に法人化を行い今があります。職種は測量業で、公共測量から民間工事測量など徐々にではありますが顧客を増やし忙しい毎日を送っています。本社は美都町にありますが3年前に乙吉事務所を構えた関係で本会に誘って頂き入会する運びになりました。
 元々いろいろな業種の方との交流には興味があり、これからの会社運営等には貴重な体験だと思います。皆さんのパワーをもらいながら自分自身も楽しく青年部活動をしていけたらと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

地域創造委員会 三浦 宰  事業所:株式会社TОP
 

 去る11月21日(月)、益田商工会議所3階大会議室において11月例会を開催しました。例会セレモニーの前には新入会員入会式を執り行い、新たに株式会社beーFrontの小倉真吾部員、株式会社TОPの三浦宰部員の2名を迎える事ができました。自己紹介では入会後の抱負についてしっかりと語っていただきました。


新入会員入会式にて 左から小倉真吾部員、三浦宰部員

 例会セレモニー終了後には「eスポーツの現状と将来性」と題して、全国高等学校eスポーツ連盟理事 大浦豊弘様、島根県eスポーツ連合事務局長 木村一彦様、同理事 植田圭介様よりご講演頂きました。


冒頭ご挨拶 左から島根県eスポーツ連合事務局長 木村一彦様、同理事 植田圭介様

 また今回の例会では益田商工会議所青年部の活動へ興味を持ってもらう機会となるようオブザーバーを募り、15名という多くの方がご参加されました。

 講演ではeスポーツの持つ教育的な価値、人材育成、ビジネスへの応用など様々な視点での可能性を実例やデータを交えながらご講演頂きました。今後の事業やeスポーツを活用した地域創生等について大変参考になる内容であったと思います。
 


 最後になりますがご多用の中素晴らしいご講演を行ってくださった講師の皆様、そしてオブザーバーとしてご参加くださった皆様、誠にありがとうございました。
 

 

 

令和4年11月19日(土)、令和4年度島根県商工会議所青年部連合会第2回連絡会議・講演会が松江YEGの主管により松江テルサ4階大会議室において開催され、益田YEGから現地7名、オンライン2名で参加しました。

 

連絡会議では協議事項として、

(1)中国ブロック商工会議所青年部連合会委員会出向について

(2)島根県商工会議所青年部連合会 委任状(案)について

それぞれ協議が行われました。

また、報告事項では日本YEG出向理事報告と各単会活動報告が行われ、益田YEGの活動報告もしっかりと行って参りました。

 
活動報告を行う益田YEGのメンバー

連絡会議終了後、令和4年度日本商工会議所青年部 会長 西村昭宏氏による「組織におけるビジョンの重要性と浸透させるポイントについて」、ならびに令和4年度日本商工会議所青年部 専務理事 中村守氏による「政策提言の可能性について」の二部構成で講演会が行われました。いずれも熱意ある内容で今後のYEG活動にとても参考になる講演会でした。

 
講演終了後、西村昭宏氏、中村守氏を囲んで

 また令和5年度に実施される第41回中国ブロック大会サザンセトやない大会のPRについてもご協力をさせて頂きました。


益田YEGメンバーもPRに参加

 最後になりますが、主管された松江YEGの皆さまに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 11月6日(日)に行われた第36回ますだ産業へ大変多くの方々にお越しくださりました。心よりお礼申し上げます。
さて、わいわい村会場にて行われました見当クイズにも多くの参加者に楽しんで頂き応募総数はなんと238名でした!!
それでは見当クイズの答えを発表します!

問1

 正解は「ア」の437グラムでした!
解答の中では皆様「イ」と選択された方が多かったですね〜

続いて問2

正解は「イ」の137グラムでした!
こちらの解答では皆様「ウ」と選択された方が多かったですね?

そして難問の問3の答えを発表します!

正解は・・・・・・・・

「5069歩」でした!!!鹿野委員長ご協力ありがとうございました!

 問1・問2の正解と歩数の答えが正解に近い方の中から抽選で5名の方に豪華賞品を発送致します。益田の美味しい物が届きますのでどうぞお楽しみに!!

最後に第36回ますだ産業見当クイズにご参加くださり誠にありがとうございました。

 



 

第36回ますだ産業祭開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/11/9 19:00

 令和4年11月6日(日)、益田商工会議所青年部(以下益田YEG)主催「第36回ますだ産業祭」を益田市立市民学習センターにて開催いたしました。

 長期化するコロナ禍にあって、今年はなんとしても例年通りの規模で行いたいという鹿野智資産業祭委員長の強い想いを原動力に、スローガン「Action!マイナスを掛け合わせてプラスの力に」のもと企画を進めてまいりました。

 幸いにも当日は好天に恵まれ、約7,000人のお客様にご来場いただき大変な盛況となりました。お越しくださったお客様をはじめ、ご協賛企業の皆様、ステージイベントの出演者様、出店者様など、ご参加くださいましたすべての方々に深く感謝申し上げます。

 オープニングはスウィングフェニックスの素敵な演奏からスタートしました。

 
 
 令和4年度益田YEG会長の大谷卓のご挨拶に引き続き、益田市長 山本浩章様、益田商工会議所会頭 松永和平様よりご祝辞をいただきました。続いて鹿野智資産業祭委員長もご挨拶申し上げました。
 
 
 
 
 
 
 メインステージでは、Precious、May HIPHOP SPECIAL DANCE UNIT、山陰中央新報文化センター 益田教室バレエ講座、INFINITY、ラウアエあけぼのといった皆さんによる躍動感あふれるダンスや、企業PRタイム、法人会〇×クイズなど盛りだくさんの内容をお届けいたしました。
 
 
 子どもたちに大人気の消防車両・警察車両展示や、多目的ホールでは高津神楽社中による神楽公演に着付け体験を実施。復活した「赤ちゃんハイハイ」は、元気な赤ちゃんの熾烈な争いが印象的でした。
 
 
 
 
 
 ドリームステージではアームレスリング対決やバケツプリン早食い競争といった催しも行われ、大きな笑いと拍手が会場に溢れていました。
 
 
 
 射的・輪投げ・コイン落としといった昔ながらのゲームが楽しめる「わいわい村」では、新たな催し見当クイズも実施され、子どもから大人まで夢中になって遊ぶ姿が見られました。
 
 
 
 そしてドリームステージのトリはスペシャルゲスト・益田出身のアーティストSpinna B‐ILLさんによるライブ! 迫力のあるサウンドと歌声で、フェス会場と化した盛り上がりでした。
 
 
 名物の大抽選会は、入場ゲートで配布したゴミ袋に抽選番号が印刷されており、ゴミのお持ち帰りにご協力をいただきました。萩・石見空港で行く東京ディズニーランド2泊3日ペアチケットの当選者も決まり、盛況のうちに幕を閉じました。
 
 
 今年もウィズコロナを余儀なくされる中での開催となりましたが、たくさんの方々の笑顔が見られました。ご協力をいただいた関係者の皆様に改めて御礼申し上げます。
 これからも益田の産業の発展に寄与できるよう、益田YEG一同誠心誠意努力してまいります。今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
 

 11月6日(日)に行われる第36回ますだ産業祭の新聞折込チラシを紹介です。
出店者一覧、イベント内容、会場図などますだ産業祭の内容がぎっしり詰まっています。
また、ますだ産業祭に多くのご協賛をいただきました、協賛社一覧も掲載しております。是非ご覧いただければと思います。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

 11月6日(日)に行われる第36回ますだ産業祭の会場レイアウト・イベントを紹介します。
出店していただく企業様をしっかりと盛り上げていけるように力を入れております。
また、ご来場の方々に楽しんでいただけるように、様々なイベントを企画しております。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 去る令和4年10月21日から22日にかけ中国ブロックYEG諸会議、日本YEG第40回中国ブロック大会廿日市大会が広島県廿日市市において盛大に開催されました。

 10月21日(金)に安芸グランドホテルで開催された中国ブロックYEG役員会・会員総会・委員会・会長会議には益田YEGから、大谷会長は会員総会と会長会議、田原直前会長は役員会・委員会、会員総会では司会を行い、石川事務局は会員総会へ参加しました。

田原直前会長

会員総会の様子

 安芸グランドホテルから見える厳島神社の大鳥居と大谷会長

 

 翌日、10月22日(土)に開催された日本YEG第40回中国ブロック大会には前日参加した3名に加え現地参加17名、オンライン参加1名で参加し、分科会や記念講演へ各々別れ廿日市の魅力や特産・名産、歴史に触れ益田YEG一同廿日市を堪能致しました。

 第1分科会「けん玉とサクラB&D見学」

 第10分科会「平和記念公園とおりづるタワー」

記念講演「令和元年・2年日本商工会議所青年部会長講演」

 過去2大会連続で完全オンラインになり、対面での開催が出来なかった記念式典や大懇親会などリアル開催ならではの空気をしっかり味わい、他単会と交流を深めて参りました。

 

令和4年中国ブロック商工会議所青年部連合会 会長 澁谷 彰範様 挨拶

 令和4年 日本商工会議所青年部 会長 西村 昭宏様 挨拶

日本商工会議所 会頭 三村 明夫様 祝辞

 第40回中国ブロック大会廿日市大会 大会会長 大島 光人様 挨拶

 

令和5年中国ブロック大会サザンセトやない大会PR

 今回の廿日市大会では総登録者数は1568名で、そのような規模の大会を令和6年度には益田の地で開催されます。この大会で廿日市YEGの皆様から受けた素晴らしいおもてなしを今度は益田YEGのメンバーがお返し出来るようしっかりと準備して参ります。

島根県連集合写真

 最後になりますが長い期間準備に取り組み、設営された廿日市YEGの皆様へ御礼申し上げます。ありがとうございました。

 第36回ますだ産業祭特別協賛を頂いた企業様のご紹介

ますだ産業祭は毎年たくさんの企業様から協賛金を頂き運営をさせて頂いております。
今年も337社の企業様から協賛金を頂戴する事が出来ました。
この場をお借りしまして改めてお礼申し上げます。 
今回ホームページにて、ますだ産業祭に対しまして特大協賛を頂いた企業様をご紹介させて頂きます。

以上29社の皆様となります。
ありがとうございました。

※なおご協賛頂いたすべての企業様は改めて、11月4日(金)の「ますだ産業祭折込広告」にてご紹介をさせて頂きます。
 

ますだ産業祭開催のお知らせ

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/10/26 14:30

毎年恒例のますだ産業祭を今年も開催します!
 

お陰様で36回目を迎えました。
 

今年も皆様のご来場お待ちしております。

 

開催日:令和4年11月6日(日)9:00〜15:30 雨天決行
場 所:市民学習センター周辺(益田市元町12ー7付近)
主 催:益田商工会議所青年部

去る10月17日(月)益田商工会議所3階大会議室に於いて、10月例会並びに第36回ますだ産業祭の説明会を開催致しました。

大谷会長 挨拶

 

  例会セレモニー終了後に、産業祭委員会の鹿野委員長の挨拶から始まり趣意書、構成図の説明の後、予算担当、イベント担当、会場担当の順で説明がありました。     

 産業祭委員会 鹿野委員長 挨拶

 

イベント関連の説明の中で、わいわい村、赤ちゃんハイハイ競争の各担当委員会からも説明がありました。

  

 イベント関連 各担当委員会説明

 

質疑応答では、多くの質問や意見、提案があり各部員の熱意を感じた説明会となりましました。

 

 説明会の様子と質疑応答 

例会、説明会終了後は、ちるちるみちる駅前店に場所を移し、ますだ産業祭決起大会を開催致しました。

 

決起大会ではメンバー同士の交流をより深め、余興として一人一人からますだ産業祭にむけての意気込みを話し、全員でますだ産業祭へ士気を高める事が出来ました。

 

 

 第36回ますだ産業祭スローガン

〜Action!マイナスを掛け合わせてプラスの力に〜

益田YEG全員Action!で盛り上げて参ります。11月6日(日)は第36回ますだ産業祭で皆様のご来場を心よりお待ちしています。


 去る10月6日(木)、益田商工会議所1階大ホールにて今年度入会された4名を対象に令和4年度新入会員研修会(前期)が開催されました。

大谷会長 挨拶 

 

総務広報委員会 寺戸委員長 趣旨説明

 

新入会員研修会(前期)では、田原亮輔直前会長を講師に商工会議所青年部(YEG)について、益田商工会議所青年部(益田YEG)の規約や組織図、事業実施の流れなど細かいところまで資料や映像を使いながら説明され、ご自身の経験も踏まえて青年部に対する心構えを熱く語っていただきました。

講師 田原直前会長

 

研修会の様子

 

      

質疑の様子

 質疑も多くあり、新入会員の方々の熱意ある姿勢を感じる研修会となりました。
今年度のスローガン『(MUGEN)貢献〜末広がりのいいまちづくり〜』にもあるように、新入会員としてそれぞれの担当委員会で活動したことが、結果としてたくさんの地域貢献に繋がっていけるように今後も青年部活動を実施していきたいと思います。


 

 

 

 去る令和4年9月30日(金)ちるちるみちる駅前店において、益田商工会議所西益田支部青年部との交流会を開催致しました。

交流会は益田商工会議所青年部と西益田支部青年部のより良い関係づくり、部員相互の親睦を深めようと行っている交流で今回は実に3年ぶりの開催となりました。

第36回ますだ産業祭PRの様子

西益田支部青年部の皆様の近況報告の様子

 

 お互いの近況報告やますだ産業祭への意気込みなどを語り合い、より一層の交流を深めることができました。

ご参加頂きました西益田支部青年部の皆様誠にありがとうございました。


 

 

 去る令和4年9月20日(火)、益田商工会議所3階大会議室にて9月例会、臨時総会並びにマナー講習会を開催しました。

 例会セレモニー終了後に行われた臨時総会では、第1号議案の次年度会長選任について、本年度執行部、監事および役員を選考委員とした選考委員会方式により、中岡正道部員(事業所:太陽温調工業有限会社)が選任されました。

次年度会長予定者 中岡 正道部員

 また第2号議案の次々年度会長選任について本人不在ではありましたが、寺戸孝幸部員(事業所:寺戸工業株式会社)が選任されました。本年度は、2年後に控えた中国ブロック大会益田大会を見据え、2年度にわたる会長を選任致しました。
 

 第3号議案では、日本YEG第42回中国ブロック大会益田大会大会長として寺戸孝幸部員、令和6年度日本YEG中国ブロック代表理事に田原亮輔部員(事業所:有限会社三浦グリーンガーデン)、令和5年度日本YEG専門委員に鹿野智資部員(事業所:株式会社斎藤電機)がそれぞれ選任されました。

予定者による抱負の様子

 臨時総会終了後、総務広報委員会が講師となりマナー講習会が行われました。スーツでの正装や名刺交換の方法、懇親会における振る舞い方、例会時の登壇方法など様々なシチュエーションにおけるマナーについて、実際に身体を動かしながら学びました。

総務広報委員会 寺戸委員長による趣旨説明

 

 

 

 令和6年度中国ブロック大会益田大会では、部員一同は大会を見る立場から見られる立場になります。このマナー講習会で学んだ事を遺憾なく発揮し、おもてなしの心を持って来て下さる方々を迎えられるようにしたいと思います。

 去る9月17日(土)、「松江商工会議所青年部 設立45周年記念式典・祝賀会」が松江市内のホテル一畑にて盛大に開催され、益田商工会議所青年部(益田YEG)より事務局を含む5名で参加して参りました。

 記念式典では松江商工会議所青年部(松江YEG)令和4年度会長 秋鹿 司 様よりご挨拶があり、45周年スローガンとして「未来〜想いを伝え、輝く次代へ〜」を掲げ、続く50周年に向けて過去と現在の経験・想いを次の世代へ伝えていくと、参加された方々へ熱い思いを伝えられていました。そして過去を振り返る動画や歴代会長への感謝状の贈呈が行われ、最後に50周年に向けての動画も披露されてとても素晴らしい式典となりました。

松江YEG会長 秋鹿 司様 挨拶

歴代会長 感謝状贈呈の様子

 感染症対策を徹底した中で行われた祝賀会では、歴代会長の皆様が思いを込めて選んだ言葉を繋げて1つの詩(唄)にして発表があり、現役メンバーへ想いを託されていました。

 松江YEGの皆様の熱い思いを益田へも持ち帰って日々の活動に繋げてまいります。最後になりますが、松江商工会議所青年部設立45周年誠におめでとうございます。
 

男子高生限定イベント アームレスリング対決!
募集チーム数: 8組 優勝チームにはクオカード3万円分をプレゼント!!

トーナメント式で行い、10:00頃に予選11:40頃に決勝戦を行います。
3名で1チームとなり、右手、左手、右手の順番でアームレスリングを行い
先に2勝したチームが勝ち上がりとなります。
チーム名、代表者の連絡先及び参加者の氏名と高校名を明記の上、下記URLよりご応募ください。
応募された方には改めて代表者へ電話で連絡させていただきます。
 

●イベント応募フォームはこちら↓↓↓↓↓↓
アームレスリング対決!参加申込

 

女子高生限定イベント バケツプリン早食い競争!
募集チーム数: 5組 優勝チームにはクオカード2万円分をプレゼント!!

11:00より2名で1チームとなり、1人ずつ1L のプリンの早食いを行います。
10名同時に早食いを始めて、1チーム2人共食べ終わった時間で勝敗を決定します。
チーム名、代表者の連絡先及び参加者の氏名と高校名を明記の上、下記URLよりご応募ください。
応募された方には改めて代表者へ電話で連絡させていただきます。
 

●イベント応募フォームはこちら↓↓↓↓↓↓
バケツプリン早食い競争!

 

参加賞もございますのでお早めにご応募ください!

※今回登録いただきました情報に関しましては上記イベント以外には一切の利用を行いません。

参加申込締切 :令和4年10月14日(金)
開 催 日 時:令和4年11月 6日(日) 10:00〜12:10 雨天決行!
会     場:益田商工会議所駐車場内

 

 この度、益田商工会議所青年部に入会しましたニューライフ株式会社(鳳明殿)の中野浩之と申します。

 弊社では、ご遺族の皆様に安心していただけるお別れのセレモニーを真心込めてサポートしております。
誠実・感謝を社訓としてお葬儀はもとより介護タクシーも運営しておりますのでお気軽にご相談いただければと思います。
 わからないことも多く不安もありますが青年部活動を通して、地域の皆様に少しでもお役に立てるように頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
産業祭委員会 中野 浩之  事業所:ニューライフ株式会社

8月22日(月)益田商工会議所3階大会議室にて新入会員入会式・8月例会並びに講演会が開催されました。

 
 初めに新入会員入会式が執り行われニューライフ株式会社の中野浩之部員が新たに入会され、自己紹介では青年部に対してのこれからの思いを熱く語っていただきました。
 
 
新入会員入会式の様子

  

 8月例会では島根県事業承継・引継ぎ支援センターのサブマネージャー山本正様をお招きし事業承継についてのセミナーを行いました。

   

地域創造委員会  大畑委員長    趣旨説明及び講師紹介

 

講 師:山本  正 様

 

 事業承継の基礎、及び事業継承についての様々な問題点などを島根県の現状を紹介しながら説明していただきました。今後の事業承継問題を改めて考える良いきっかけになったと思います。

大谷会長 謝 辞

 最後になりましたがご講演を頂きました山本正様、遅い時間までありがとうございました。

 

 7月例会は完全オンラインだった為、例会セレモニーだけでしたが今後は例会や事業活動など1年間を通して無事に開催できるよう今後も尽力して参ります。

 令和4年8月20日(土)、令和4年度中国ブロック商工会議所青年部連合会 第2回役員会・委員会が益田商工会議所にて開催されました。益田YEGは会場設営および運営の補助として参加し、役員会及び委員会には運営専務兼委員会副委員長として出向している田原 亮輔君が参加しました。

 

会場設営、準備をする益田YEGのメンバーたち

 委員会では協議事項として

1.総務グループの今後の活動内容について

2.交流グループの今後の活動内容について

協議が行われました。


田中 庸介委員長(山口県連 防府YEG)による挨拶

委員会の様子

委員会終了後の集合写真

 続いて役員会が行われ、冒頭の澁谷会長より「本日の役員会は次年度のことを多く決定する大事な会議となっています。次年度に向け、形をしっかり繋げていくため慎重に協議・審議をお願いします」と挨拶がありました。

中国ブロック商工会議所青年部連合会 澁谷 彰範 会長による挨拶

乘藤 昭範 直前会長

開催地商工会議所青年部 益田商工会議所青年部 大谷 卓 会長

田原 亮輔 運営専務

 役員会の協議事項として、「令和4年度中国ブロック大会廿日市大会事業計画書(案)並びに収支予算書(案)について」他7件が協議され、審議事項として「令和5年度中国ブロック商工会議所青年部連合会 会長選任の件」他2件が審議されました。

役員会の様子
 

 役員会、委員会終了後にはサンパレス益田にて懇親会が行われました。
懇親会では中国ブロックから日本YEGへ出向されているメンバーやオブザーバーとして参加されていた他単会のメンバーも参加され、幅広い交流と親睦を深めることができYEGとしての一体感が生まれました。

 また、令和4年10月21、22日に行われる第40中国ブロック大会廿日市大会のPRがあり、大会開催へ向けて熱い意気込みを感じました。

 日本YEG出向者からも今年度の事業のPRや活動報告がありました。

 最後になりますが、益田の地で中国ブロック商工会議所青年部連合会の役員会・委員会が開催され運営に携わることができたのは令和6年度開催予定の中国ブロック大会益田大会へ向けてとても良い経験となりました。澁谷会長をはじめとする参加された皆様に感謝申し上げます。

第36回ますだ産業祭では

『Action!〜マイナスを掛け合わせてプラスの力に〜』

をスローガンに、益田市で生活されている皆様に、地域の商工業・農林水産業の魅力を発信し、地域産業の振興・発展に寄与することを目的とし開催いたします。地域の産業、企業を皆様に再発見して頂き、より多くの方々へと伝える事が地域の活性化となり、新たな益田を見出すと信じ、部員一丸となって精一杯取り組んで参ります。
つきましては、ますだ産業祭への出店の募集をご案内申し上げます。この機会に是非、出店にご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


このチャンスに「ますだ産業祭」に出店してみませんか?
企業や団体、個人やグループで私達と一緒に
ますだ産業祭を盛り上げてくれる出店者様を大募集!!

実演・来場者に体験・・・わが社では、こんな体験ができます!
自社PR・・・・・・・・わが社は、こんな仕事をしています!
商品の展示・販売・・・・私達は、こんなものを作ってます!売ってます!

出店申込締切  : 令和4年9月27日(火)
出店者会議   : 令和4年10月14日(金)13:00〜   益田商工会議所3F
開催日時    : 令和4年11月6日(日)9:00〜15:30(予定) ※雨天決行
会  場    : 益田市元町地内 市民学習センター周辺

 

企業ブース用出店要項・応募用紙のダウンロードはこちら

飲食・物販ブース用出店要項・応募用紙のダウンロードはこちら

令和4年度7月例会開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/7/25 18:47

 

 7月19日(火)7月例会を新型コロナウイルス市内感染拡大の状況を鑑みて当初の予定を変更して完全オンライン(Zoom)にて開催しました。

   会長挨拶                     例会風景

 会長挨拶では「2年間以上コロナの影響を受けてまともに動けない状況が続いているが全ての委員会が創意工夫して諦めずに各事業を進めてほしい。」と述べられました。

 今回は急な予定変更の為、例会セレモニーのみとなりましたが今後も感染症対策を徹底した上で活動に取り組んでいきたいと思います。

 令和4年6月25日(土)に、江津商工会議所にて石見四市商工会議所青年部交流会が行われました。
コロナ禍の中ではありましたが、感染症対策を行ったうえで4市のYEGメンバーが
約40名参加しました。

 今回の石見4市交流会では、グループごとに分かれて「○○な話」と題し、様々なテーマでディスカッションを行うというものでした。1テーマ毎に進行役が変わる手法で「目玉焼きにかけるのはソースか醤油か」のようなテーマから「YEGに入って一番良かったことは何か」など面白いテーマからYEGらしいテーマまで、沢山のディスカッションを時間一杯まで行い、時には笑い声が響くなど終始和気あいあいの雰囲気で久しぶりの交流会を存分に楽しみました。
 

 

 

 

交流会の様子

 交流会終了後の懇親会では、再度グループ分けが行われ、江津市内の4店舗に分かれて行われました。
コロナ禍という事もあり全員での懇親会は行うことができませんでしたが、感染症対策を行いながらも様々な方と交流を深める事ができ、実りある時間を過ごすことができました。

  最後に江津YEGの皆様、感染症対策を含めた設えをありがとうございました。

 去る6月20日(月)、あけぼのグランドゴルフ場にて令和4年度新入会員式・6月例会を開催しました。まず初めに新入会員式があり、新たに2名の仲間を迎える事ができました。自己紹介ではユーモラスな面を出しながらも今後の青年部活動への抱負を語ってくれました。

   
 
 新入会員式の様子
 
 例会セレモニー終了後、交流会を開催しました。今回はグランドゴルフです。まず鹿野委員長より趣旨説明とチーム発表があり6チームに分かれました。大谷会長の始球式のあと、チーム対抗戦で火花を飛ばしました。
 
  
 
 蒸し暑い中ではありましたが、どのチームからも笑い声や歓声と悔しそうな叫び声が多くあり短い時間ではありましたがとても楽しい交流会でした♪
 
  
 
  
 
交流会の様子
 
 いつもは別の委員会であまり関わりのない部員とスポーツを通じてコミュニケーションを図る良い機会になりました。みなさまお疲れさまでした!
 
  

 

 この度、益田商工会議所青年部に入会させて頂きました、有限会社ちるちるみちるの篠原将と申します。
弊社は本社ちるちるみちるが創業45周年、また居酒屋海鮮丸、居酒屋颯斗を経営しており、地域の皆様に愛されるように努めてまいりました。地産地消を掲げ、料金もリーズナブルに設定しています。
今まさにコロナ禍であり、当社も大きな打撃をうけております。そんな中でも、青年部の活動を通して自分で何が出来るのか勉強していき、自社に持ち帰ることができるよう精進して行きたいと思っております。卒業してからも皆さんとお付き合い出来るよう、絆や信頼を得て、そして自分自身も楽しみながら青年部活動をしていけたらと思います。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

総務広報委員会 篠原 将 事業所:有限会社ちるちるみちる

 この度、益田商工会議所青年部に入会させていただきました、益田タクシー株式会社の藤原政志と申します。
弊社は、地域のためになくてはならないタクシー会社になることを目標にしています。『お客様のタクシー離れ』『社内の高齢化』という難題を抱えていますが、私らしく、マスタクらしく、この壁をある意味では成長のチャンスと捉え、楽しみながら模索しているところです。
入会はしたものの、右も左も分からないことだらけでご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、与えられた仕事を精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 

総務広報委員会 藤原 政志 事業所:益田タクシー株式会社

  令和4年6月4日(土)松江商工会議所にて、島根県商工会議所青年部連合会 第1回連絡会議・通常役員総会が開催され、益田YEGからは大谷会長、田原直前会長、渡辺監事、石川事務局の4名で参加しました。

 議事については、第1号議案 令和4年度事業報告並びに収支決算について、第2号議案 令和4年度事業計画(案)並びに収支予算(案)、第3号議案 令和5年度県青連役員(案)、第4号議案 島根県商工会議所青年部連合会規約改定(案)について審議され、すべて承認されました。


通常役員総会後には研修会が開催され、青年部活動の目的の一つである提言活動についての事例発表やグループディスカッションを行い、政策提言の重要性を改めて認識し「企業の人手不足について」をテーマに議論も交わしました。
 

 他単会のメンバーと議論する機会は少ないので良い刺激をもらえる貴重な体験となりました。



 

 

委員会紹介(産業祭委員会)

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/6/7 14:19

今年度産業祭委員会委員長を務めます、株式会社斎藤電機の鹿野智資と申します。

 昨年はコロナ禍の下での「第35回ますだ産業祭」になりましたが、多くの皆様にご来場いただきまして誠にありがとうございました。本年は実に36回目の「ますだ産業祭」を迎える運びとなります。これも偏に皆様方のご支援、ご配慮の賜物と深く感謝しております。
 今後もコロナ禍の下での生活が継続すると予想されますが、今年の「ますだ産業祭」では、コロナ禍をマイナスだけにとらえるのではなく、何事にも柔軟に対応し、地域経済の活性化に向け企画・運営に取り組んでいきます。
 益田圏域の皆様と共に「ますだ産業祭」を盛り上げていけるよう益田YEG一丸となり精一杯取り組んでまいります。一年間どうぞよろしくお願い申し上げます。
令和4年度産業祭委員会 委員長 鹿野 智資  事業所:株式会社斎藤電機
 

 令和4年度地域創造委員会委員長を務めさせていただきます、セブン‐イレブン益田あけぼの本町店の大畑友幸と申します。

 今年度の地域創造委員会は、萩・石見空港利用促進事業など関係人口拡大に繋がる事業を行ってまいります。
 益田に多く存在している豊かな経営資源を最大限活用し、圏域の地域と繋がりながら、関係を築いた地域も「いいまち」になるような事業を実施したいと思います。一年間どうぞよろしくお願い致します。
 
 令和4年度地域創造委員会 委員長 大畑 友幸 事業所:セブン-イレブン益田あけぼの本町店
 

令和4年度総務広報委員会委員長を務めさせて頂きます、有限会社千代田企画の寺戸大輔と申します。総務広報委員会では、総会などの運営や執行部の補佐をする総務事業、HPやSNS、所報などを活用し活動の発信を行う広報事業を行ってまいります。

益田YEGの屋台骨とされる総務広報委員会としてしっかりと会員を支えながらも新たな取り組みも行い“∞(MUGEN)貢献ー末広がりのいいまちづくりー”へ貢献できるよう精進してまいります。一年間どうぞよろしくお願い致します。  

令和4年度総務広報委員会 委員長 寺戸 大輔  事業所:有限会社千代田企画

 この度、益田商工会議所青年部に入会しました北陽電気工事株式会社の寺戸顕太郎です。

 弊社は、「人と技術を大切にする」島根県西部地域を中心としたお客様第一の総合電設企業です。コンセント増設から照明器具のLED化、その他電気のことならお気軽にご相談ください。     

 青年部の様々な活動を通じて自分自身も今以上に成長出来るように、また自社の発展、地域経済への貢献にもつながるよう努めていきたいと思います。

 みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

産業祭委員会 寺戸 顕太郎   事業所:北陽電気工事株式会社  

 

 

 

 

 去る5月23日(月)、益田商工会議所3階大会議室にて新入会員入会式、5月例会ならびに事業計画・収支予算説明会が行われました。

 

新入会員入会式の様子 

 まずはじめに新入会員入会式が執り行われ、新たに1名の仲間を迎えることとなりました。自己紹介では、Uターンで益田に戻られたこと、今後の抱負等を真摯な態度で語ってくださいました。

 

会長挨拶 

 例会セレモニーの会長挨拶においては、大谷会長より、5月21日に実施された令和4年度中国ブロック商工会議所青年部連合会第1回会長会議に出席された際の所感を述べられました。主管となった廿日市商工会議所青年部をはじめ、様々な単会のPVが上映され、令和6年度に開催を控えた中国ブロック大会益田大会の成功に向けた決意を新たにされたそうです。

  

             執行部                総務広報委員会

 

          地域創造委員会               産業祭委員会

 例会セレモニー終了後、事業説明会を開催しました。今年度は、総務広報委員会・地域創造委員会・産業祭委員会の3つの委員会にて事業を行ってまいります。各委員長および委員会メンバーによる事業説明、ならびに所信表明では、今年度にかける意気込みを一人ひとりが存分に述べられ、熱い思いが伝わる説明会となりました。

 益田商工会議所青年部一同、益田圏域に対して様々な形で最大限の貢献ができるよう、今年も歩みを止めずに活動してまいります。

副会長抱負 岡部倫弘

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/4/28 18:55

 この度、令和4年度益田商工会議所青年部(益田YEG)副会長を拝命しました都市環境整備株式会社の岡部倫弘と申します。産業祭委員会を担当します。

昨年度は新型コロナウィルスの影響で色々なイベントが中止となる中、制限等がありましたが第35回ますだ産業祭を開催することができ、久しぶりに益田市の皆様の笑顔が見られた祭りとなりました。

令和4年度スローガン「(MUGEN)貢献〜末広がりのいいまちづくり〜」のもと、副会長として会長の補佐はもとより、担当副会長として委員長の想いの実現をサポートするとともに、円滑に委員会活動が行えるよう邁進していきたいと思います。

皆様のご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。

令和4年度副会長 岡部 倫弘   事業所:都市環境整備株式会社

副会長抱負 森下雅人

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/4/28 18:51

 この度、令和4年度益田商工会議所青年部(益田YEG)副会長を務めさせていただきます、萩テレビ株式会社益田局 ひとまろビジョンの森下雅人と申します。総務広報委員会を担当します。

 今年度大谷会長が掲げるスローガン「(MUGEN)貢献〜末広がりのいいまちづくり〜」のもと益田YEGの活動が円滑に遂行出来るよう活動していきたいと思います。

 自身が今までの活動で経験して得てきたものをしっかりと委員会メンバーへ伝え、青年部の活動を通じ地域への貢献、自己の成長、各事業所の繁栄に繋がるような事業活動ができるよう精一杯務める所存にございます。

 一年間どうぞよろしくお願いいたします。 

 

令和4年度副会長 森下 雅人  事業所:萩テレビ株式会社 益田局 ひとまろビジョン

副会長抱負 中岡正道

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/4/28 18:46

 令和4年度、益田商工会議所青年部(益田YEG)副会長を拝命することになりました太陽温調工業有限会社の中岡正道と申します。地域創造委員会を担当します。

 さて、今年度もコロナ危機による景気の低迷に加え、物価高騰といった新たな課題も加わり、変化していく環境に適応するべく試行錯誤する日々が続きそうです。

令和4年度益田YEGスローガン「(MUGEN)貢献〜末広がりのいいまちづくり〜」のもと、俯瞰してものごとを見据え、継続的に事業活動に取り組んで行けるよう気概をもって積極的に活動していく所存でございます。

また、令和6年度日本商工会議所青年部第42回中国ブロック大会益田大会開催に向けた準備、広報活動についても精一杯努めてまいります。

どうぞ一年間よろしくお願いいたします。

令和4年度副会長 中岡 正道   事業所:太陽温調工業有限会社

  令和4年4月18日(月)益田商工会議所3階大会議室において、益田商工会議所青年部(益田YEG)4月例会を感染予防対策実施の上で開催しました。

   

  令和4年度益田商工会議所青年部(益田YEG)大谷 卓 会長あいさつ

 

 例会セレモニー終了後、益田市長 山本浩章様、益田市産業経済部長 梅津明則様、益田商工会議所会頭 松永和平様、益田商工会議所専務理事 城市和人様、益田商工会議所女性会会長 原陽子様、商青OB会会長 小川和富様をご来賓にお招きし令和4年度益田商工会議所青年部(益田YEG)通常総会を開催しました。

 

 ご来賓の皆様

 

 はじめに会長引継ぎ式が行われ、令和3年度会長 田原亮輔君より令和4年度会長 大谷卓君に会長バッチが引き継がれました。続いて大谷卓会長より本年度の抱負が述べられ、ご来賓の皆様よりご祝辞を頂きました。

 

  引継ぎ式

  

 本年度副会長、監事、理事に選任された部員が紹介され、議事へと進み令和3年度事業報告並びに収支決算、令和4年度委員会設置(案)(総務広報委員会、地域創造委員会、産業祭委員会)、令和4年度事業計画(案)並びに収支予算(案)が承認され通常総会は閉会しました。

  

 議事進行

              益田YEGスローガン

             「MUGEN貢献 〜末広がりのいいまちづくり〜」

 

 

 結びに、ご多用の中、益田商工会議所青年部の通常総会にご臨席頂きましたご来賓の皆様、誠にありがとうございました。

令和4年度 会長あいさつ

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/4/21 8:40

令和4年度 益田商工会議所青年部スローガン

 

  益田商工会議所青年部は1981年の創立以来、地域社会の健全な発展を図る商工会議所活動の一翼を担うべく活動してまいりました。これまでさまざまな歴史を築いてこられた諸先輩方、長きにわたり友好な関係を継続していただいております諸団体の皆様、そして一番身近でご支援をいただいております益田商工会議所職員の皆様に心から感謝申し上げます。

 

さて、新型コロナウイルス感染症が世界を覆って2年半、世界中の人々がこの試練に打ち勝つために今もなお闘い続けています。わが益田市においても昨年度より中止や延期になったイベントや伝統のある祭りが再開に向けて動き始めました。
私自身もこのコロナ禍にあって苦しいことも多くありましたが、得がたい経験をいただきました。その際に気づいたことは、益田の地には多くの良い経営資源が存在しており、“益田は恵みあるまち”ということです。また同時に、“会社経営はまちづくりの一端を担うもの”ということを再確認することができました。我々青年部は若き企業家団体であり、地域社会の経済的発展の支えとなることを目的としています。青年部活動を通し自己研鑽をし、学ぶことが自社業の永続、発展に繋がり、そしてまちづくりに貢献できる企業へ成長できると考えます。

 

令和4年度は「∞(MUGEN)貢献〜末広がりのいいまちづくり〜」とスローガンを掲げさせていただきました。

 

益田市が月日を重ね、10年、20年先と無限に輪を広げていき、より一層“いいまち”(幸福を感じられるまち)となっていくには、俯瞰してものごとを見据え、一時的ではなく継続的に事業活動に取り組むことが大切であると考えます。新たな年度にあたり、我々青年部は意識を革新し、気概をもって積極的に行動していきます。
 どうぞ1年間よろしくお願いいたします。                                                                           

《活動方針》

一.地域貢献事業
一.益田YEGの魅力向上
一.関係人口拡大に繋がる事業
一.組織強化・会員増強
一.中国ブロック大会に向けた広報活動の拡充

令和4年度会長 大谷 卓 事業所:株式会社 益田クッキングフーズ

 今年度の空港利用促進事業では、新たな生活様式として定着しつつある仕事と休暇の両立を図る「ワーケーション」に着目し、利用者向けのガイドブックを作成・活用して関東圏及び空港圏域にPRして関係人口の増加につながる事を目的として行う事業「萩・石見空港エンジョイワーケーション」と題して行ってまいりました。

 現在、ご協力頂いた空港圏域と関東の関連施設等にガイドブックを配布しております。

この度、作成したガイドブックをオンライン上で公開させていただく事となりました。
地域の魅力の再発見、関東圏域のお知り合いへの地元紹介などにも活用できる物となっておりますので、ぜひご覧頂きたいと思います。

 
 
 
ガイドブック(軽量版)のダウンロードはこちら(容量:約3M)
 
 
ガイドブック(オリジナル版)のダウンロードはこちら(容量:約14M)
 
 

 

 令和4年3月15日(火)益田商工会議所3階大会議室にて令和3年度3月例会・卒業証書授与式を挙行しました。

会長挨拶

令和3年度益田商工会議所青年部会長 田原 亮輔

 

 未だ続くコロナ禍で感染症対策を徹底しながら今年度卒業者の栗本正美部員、橋目昌典部員、吉村健太郎部員、森光部員、田城昇部員、原秀和部員の6名を送り出すことができました。

  

  

  

 卒業される6名は担ってこられた役割や在籍年数の長さなど青年部内での存在は大きい方々でした。
残る部員にとってその先輩方と過ごし得た経験は、まだ多くの制限がある活動の中で大事な教訓となり糧となるものと思います。


青年部送辞

 

         栗本 正美部員                     橋目 昌典部員

 

         吉村 健太郎部員                      森 光部員  

 

          田城 昇部員                          原 秀和部員

 結びにご卒業される皆様の今後益々のご活躍とご健康をお祈りすると共に、今年度益田商工会議所青年部へのご支援・ご協力いただきました皆様にお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

 

 

 令和4年3月5日(土)、令和3年度島根県商工会議所青年部連合会第3回連絡会議・臨時役員総会が大田商工会議所青年部の主管により大田商工会館 3階会議室において開催され、益田YEGから田原会長・大谷筆頭副会長、中岡委員長、大庭事務局の4名で参加しました。

 

 連絡会議ではこの後の臨時役員総会議事について協議され、臨時役員総会では岡拓郎県連会長の挨拶の後、議事では全ての議案が承認されました。報告事項では後長出向理事より日本YEG出向理事報告があり、中国ブロック商工会議所青年部連合会委員会出向者及び副委員長についての報告、各単会活動報告がありました。益田YEGからは田原会長より第35回ますだ産業祭、益田のうまいテイクアウト、エンジョイワーケーションの事業説明がありました。そして松江YEG藤井浩太郎 次年度県連会長予定者より挨拶がありました。 

 その後は数グループに分かれ、避難所運営ゲームを行いました。様々な条件を持ちながら次々と訪れる避難者をいかに効率よく収容出来るかというもので、情報処理や情報報判断、チームワークがとても大切だと感じながら、積極的にゲームに取り組みました。
今年度、岡県連会長が掲げられたスローガン「島根はひとつをモットーに日進月歩」の通り活動して参りました。コロナウイルス感染拡大により、各単会共に苦労が多かったと思いますが、良い経験と活動をすることが出来ました。本年度ももうすぐ終わりに近づきますが次年度へ向け絶えず進歩してくことが大切だと改めて感じました。

 最後になりますが、主管された大田YEGの皆さまに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


 

 令和4年3月10日(木)益田市役所市長室にて 益田市長 山本浩章 様を表敬訪問し、
「萩・石見空港エンジョイワーケーション」に関する事業説明並びにガイドブックの受け渡しを行ってまいりました。

 

 今年度の空港利用促進事業として取り組んでいる本事業は、新たな生活様式として定着しつつある仕事と休暇の両立を図るワーケーションを軸として空港圏域を調べ、それを基にワーケーション利用者向けのガイドブックを作成し、当資料を活用して関東圏や空港圏域に対してPRを行うものです。

 

 本日の表敬訪問を皮切りに各所へのPRを進め、今後、ワーケーションを介した関係人口の増加や航空需要回復の一助となれるよう、これからも事業に邁進いたします。

令和3年度2月例会開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
2021年度総務委員会 2022/2/22 17:37

 令和4年2月21日(月) 益田商工会議所3階大会議室において、2月例会を現地参加とリモート参加のハイブリッド形式で開催しました。

会長挨拶

 

例会セレモニー後に行われた事業報告会では執行部・監事、総務広報委員会、記念事業委員会、産業祭委員会、中国ブロック大会準備室、会員拡大強化室が今年度の活動内容と成果を発表しました。
 
 
         執行部・監事                  総務広報委員会 
 
         記念事業委員会                 産業祭委員会
 
       中国ブロック大会準備室               会員拡大強化室
 
 
各委員会の活動を振り返り、コロナ禍で多くの制限がありながらも青年部が一体となり事業を行うことが出来たと感じました。
今年度まだ終わっていない事業もありますが、反省点はしっかりと引継ぎをして、経験したことを次年度以降に活かせるように最後まで活動してまいります。
 

令和4216日(水)ZOOMオンラインにて、新入会員研修会(後期)を開催しました。

リーダーシップとチームワークの構築を学ぶ研修として、今年度新入会員2名を模擬委員長とし、2つの委員会を設定し参加者と各グループに分かれて「中国ブロック益田大会において益田の魅力を発信できる分科会」の考案を行いました。
 
 

各委員会とも建設的な話し合いができ委員会形成の重要性を知ること、リーダーシップを発揮する難しさ、意見をまとめる難しさを学ぶことができたと思います。またオブザーバー参加の部員においても、1人1人が意見を持ち、議論を活性化することでより良い意見が出ることを改めて実感できた研修でした。今後も様々な青年部活動において活発な意見を出し合い、益田YEGの活動を盛り上げていきたいと思います。

 「MASUDAの美味い!TAKEOUT!」飲食券の抽選会を2月3日に行いました。

 
 
応募総数は 672通 となり、多くのご応募いただき誠にありがとうございました。
 
抽選はアナログですが田原会長が1枚1枚思いを込めて選びました。
 
 
封入作業も終え順次送付いたしますので2月5?6日頃には当選者様に届く予定です!
 
 
 
届きました飲食券は登録店舗にてテイクアウト、店内での飲食どちらでもご利用いただけます。
 
有効期間は2022年3月21日(月)までとなります。
 
必ず有効期間までにご利用ください。
 
登録店舗一覧はこちらをご参照ください。
 
 
 
 
最後に本事業にご応募いただいた皆さまご参加ありがとうございました。
 
また、ご登録いただきました飲食店の皆さまご協力いただき誠にありがとうございました。
 
 
今後も様々な事業を通じ益田が活気に満ちあふれるよう活動して参ります。
 
今後とも益田YEGの事業にご賛同頂けますようよろしくお願いします。
 
 
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project (ログイン