ただいまの益田YEG会員数 34名

uid000066_20170925161004c54c1bf8.jpg uid000066_20171018165551dc7e2e09.jpg uid000066_20171213104959bc459517.jpg uid000066_201711172331044bdcee4b.jpg uid000066_201711172333023edabea3.jpg
カテゴリ一覧
過去の記事
事務局

益田商工会議所内

〒698-0033
島根県益田市元町12−7

TEL(0856)22−0088
FAX(0856)23−4343

E-mail:yeg@masudacci.jp

益田YEGニュース

 去る令和4年9月20日(火)、益田商工会議所3階大会議室にて9月例会、臨時総会並びにマナー講習会を開催しました。

 例会セレモニー終了後に行われた臨時総会では、第1号議案の次年度会長選任について、本年度執行部、監事および役員を選考委員とした選考委員会方式により、中岡正道部員(事業所:太陽温調工業有限会社)が選任されました。

次年度会長予定者 中岡 正道部員

 また第2号議案の次々年度会長選任について本人不在ではありましたが、寺戸孝幸部員(事業所:寺戸工業株式会社)が選任されました。本年度は、2年後に控えた中国ブロック大会益田大会を見据え、2年度にわたる会長を選任致しました。
 

 第3号議案では、日本YEG第42回中国ブロック大会益田大会大会長として寺戸孝幸部員、令和6年度日本YEG中国ブロック代表理事に田原亮輔部員(事業所:有限会社三浦グリーンガーデン)、令和5年度日本YEG専門委員に鹿野智資部員(事業所:株式会社斎藤電機)がそれぞれ選任されました。

予定者による抱負の様子

 臨時総会終了後、総務広報委員会が講師となりマナー講習会が行われました。スーツでの正装や名刺交換の方法、懇親会における振る舞い方、例会時の登壇方法など様々なシチュエーションにおけるマナーについて、実際に身体を動かしながら学びました。

総務広報委員会 寺戸委員長による趣旨説明

 

 

 

 令和6年度中国ブロック大会益田大会では、部員一同は大会を見る立場から見られる立場になります。このマナー講習会で学んだ事を遺憾なく発揮し、おもてなしの心を持って来て下さる方々を迎えられるようにしたいと思います。

 去る9月17日(土)、「松江商工会議所青年部 設立45周年記念式典・祝賀会」が松江市内のホテル一畑にて盛大に開催され、益田商工会議所青年部(益田YEG)より事務局を含む5名で参加して参りました。

 記念式典では松江商工会議所青年部(松江YEG)令和4年度会長 秋鹿 司 様よりご挨拶があり、45周年スローガンとして「未来〜想いを伝え、輝く次代へ〜」を掲げ、続く50周年に向けて過去と現在の経験・想いを次の世代へ伝えていくと、参加された方々へ熱い思いを伝えられていました。そして過去を振り返る動画や歴代会長への感謝状の贈呈が行われ、最後に50周年に向けての動画も披露されてとても素晴らしい式典となりました。

松江YEG会長 秋鹿 司様 挨拶

歴代会長 感謝状贈呈の様子

 感染症対策を徹底した中で行われた祝賀会では、歴代会長の皆様が思いを込めて選んだ言葉を繋げて1つの詩(唄)にして発表があり、現役メンバーへ想いを託されていました。

 松江YEGの皆様の熱い思いを益田へも持ち帰って日々の活動に繋げてまいります。最後になりますが、松江商工会議所青年部設立45周年誠におめでとうございます。
 

男子高生限定イベント アームレスリング対決!
募集チーム数: 8組 優勝チームにはクオカード3万円分をプレゼント!!

トーナメント式で行い、10:00頃に予選11:40頃に決勝戦を行います。
3名で1チームとなり、右手、左手、右手の順番でアームレスリングを行い
先に2勝したチームが勝ち上がりとなります。
チーム名、代表者の連絡先及び参加者の氏名と高校名を明記の上、下記URLよりご応募ください。
応募された方には改めて代表者へ電話で連絡させていただきます。
 

●イベント応募フォームはこちら↓↓↓↓↓↓
アームレスリング対決!参加申込

 

女子高生限定イベント バケツプリン早食い競争!
募集チーム数: 5組 優勝チームにはクオカード2万円分をプレゼント!!

11:00より2名で1チームとなり、1人ずつ1L のプリンの早食いを行います。
10名同時に早食いを始めて、1チーム2人共食べ終わった時間で勝敗を決定します。
チーム名、代表者の連絡先及び参加者の氏名と高校名を明記の上、下記URLよりご応募ください。
応募された方には改めて代表者へ電話で連絡させていただきます。
 

●イベント応募フォームはこちら↓↓↓↓↓↓
バケツプリン早食い競争!

 

参加賞もございますのでお早めにご応募ください!

※今回登録いただきました情報に関しましては上記イベント以外には一切の利用を行いません。

参加申込締切 :令和4年10月14日(金)
開 催 日 時:令和4年11月 6日(日) 10:00〜12:10 雨天決行!
会     場:益田商工会議所駐車場内

 

 この度、益田商工会議所青年部に入会しましたニューライフ株式会社(鳳明殿)の中野浩之と申します。

 弊社では、ご遺族の皆様に安心していただけるお別れのセレモニーを真心込めてサポートしております。
誠実・感謝を社訓としてお葬儀はもとより介護タクシーも運営しておりますのでお気軽にご相談いただければと思います。
 わからないことも多く不安もありますが青年部活動を通して、地域の皆様に少しでもお役に立てるように頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
産業祭委員会 中野 浩之  事業所:ニューライフ株式会社

8月22日(月)益田商工会議所3階大会議室にて新入会員入会式・8月例会並びに講演会が開催されました。

 
 初めに新入会員入会式が執り行われニューライフ株式会社の中野浩之部員が新たに入会され、自己紹介では青年部に対してのこれからの思いを熱く語っていただきました。
 
 
新入会員入会式の様子

  

 8月例会では島根県事業承継・引継ぎ支援センターのサブマネージャー山本正様をお招きし事業承継についてのセミナーを行いました。

   

地域創造委員会  大畑委員長    趣旨説明及び講師紹介

 

講 師:山本  正 様

 

 事業承継の基礎、及び事業継承についての様々な問題点などを島根県の現状を紹介しながら説明していただきました。今後の事業承継問題を改めて考える良いきっかけになったと思います。

大谷会長 謝 辞

 最後になりましたがご講演を頂きました山本正様、遅い時間までありがとうございました。

 

 7月例会は完全オンラインだった為、例会セレモニーだけでしたが今後は例会や事業活動など1年間を通して無事に開催できるよう今後も尽力して参ります。

 令和4年8月20日(土)、令和4年度中国ブロック商工会議所青年部連合会 第2回役員会・委員会が益田商工会議所にて開催されました。益田YEGは会場設営および運営の補助として参加し、役員会及び委員会には運営専務兼委員会副委員長として出向している田原 亮輔君が参加しました。

 

会場設営、準備をする益田YEGのメンバーたち

 委員会では協議事項として

1.総務グループの今後の活動内容について

2.交流グループの今後の活動内容について

協議が行われました。


田中 庸介委員長(山口県連 防府YEG)による挨拶

委員会の様子

委員会終了後の集合写真

 続いて役員会が行われ、冒頭の澁谷会長より「本日の役員会は次年度のことを多く決定する大事な会議となっています。次年度に向け、形をしっかり繋げていくため慎重に協議・審議をお願いします」と挨拶がありました。

中国ブロック商工会議所青年部連合会 澁谷 彰範 会長による挨拶

乘藤 昭範 直前会長

開催地商工会議所青年部 益田商工会議所青年部 大谷 卓 会長

田原 亮輔 運営専務

 役員会の協議事項として、「令和4年度中国ブロック大会廿日市大会事業計画書(案)並びに収支予算書(案)について」他7件が協議され、審議事項として「令和5年度中国ブロック商工会議所青年部連合会 会長選任の件」他2件が審議されました。

役員会の様子
 

 役員会、委員会終了後にはサンパレス益田にて懇親会が行われました。
懇親会では中国ブロックから日本YEGへ出向されているメンバーやオブザーバーとして参加されていた他単会のメンバーも参加され、幅広い交流と親睦を深めることができYEGとしての一体感が生まれました。

 また、令和4年10月21、22日に行われる第40中国ブロック大会廿日市大会のPRがあり、大会開催へ向けて熱い意気込みを感じました。

 日本YEG出向者からも今年度の事業のPRや活動報告がありました。

 最後になりますが、益田の地で中国ブロック商工会議所青年部連合会の役員会・委員会が開催され運営に携わることができたのは令和6年度開催予定の中国ブロック大会益田大会へ向けてとても良い経験となりました。澁谷会長をはじめとする参加された皆様に感謝申し上げます。

第36回ますだ産業祭では

『Action!〜マイナスを掛け合わせてプラスの力に〜』

をスローガンに、益田市で生活されている皆様に、地域の商工業・農林水産業の魅力を発信し、地域産業の振興・発展に寄与することを目的とし開催いたします。地域の産業、企業を皆様に再発見して頂き、より多くの方々へと伝える事が地域の活性化となり、新たな益田を見出すと信じ、部員一丸となって精一杯取り組んで参ります。
つきましては、ますだ産業祭への出店の募集をご案内申し上げます。この機会に是非、出店にご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


このチャンスに「ますだ産業祭」に出店してみませんか?
企業や団体、個人やグループで私達と一緒に
ますだ産業祭を盛り上げてくれる出店者様を大募集!!

実演・来場者に体験・・・わが社では、こんな体験ができます!
自社PR・・・・・・・・わが社は、こんな仕事をしています!
商品の展示・販売・・・・私達は、こんなものを作ってます!売ってます!

出店申込締切  : 令和4年9月27日(火)
出店者会議   : 令和4年10月14日(金)13:00〜   益田商工会議所3F
開催日時    : 令和4年11月6日(日)9:00〜15:30(予定) ※雨天決行
会  場    : 益田市元町地内 市民学習センター周辺

 

企業ブース用出店要項・応募用紙のダウンロードはこちら

飲食・物販ブース用出店要項・応募用紙のダウンロードはこちら

令和4年度7月例会開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/7/25 18:47

 

 7月19日(火)7月例会を新型コロナウイルス市内感染拡大の状況を鑑みて当初の予定を変更して完全オンライン(Zoom)にて開催しました。

   会長挨拶                     例会風景

 会長挨拶では「2年間以上コロナの影響を受けてまともに動けない状況が続いているが全ての委員会が創意工夫して諦めずに各事業を進めてほしい。」と述べられました。

 今回は急な予定変更の為、例会セレモニーのみとなりましたが今後も感染症対策を徹底した上で活動に取り組んでいきたいと思います。

 令和4年6月25日(土)に、江津商工会議所にて石見四市商工会議所青年部交流会が行われました。
コロナ禍の中ではありましたが、感染症対策を行ったうえで4市のYEGメンバーが
約40名参加しました。

 今回の石見4市交流会では、グループごとに分かれて「○○な話」と題し、様々なテーマでディスカッションを行うというものでした。1テーマ毎に進行役が変わる手法で「目玉焼きにかけるのはソースか醤油か」のようなテーマから「YEGに入って一番良かったことは何か」など面白いテーマからYEGらしいテーマまで、沢山のディスカッションを時間一杯まで行い、時には笑い声が響くなど終始和気あいあいの雰囲気で久しぶりの交流会を存分に楽しみました。
 

 

 

 

交流会の様子

 交流会終了後の懇親会では、再度グループ分けが行われ、江津市内の4店舗に分かれて行われました。
コロナ禍という事もあり全員での懇親会は行うことができませんでしたが、感染症対策を行いながらも様々な方と交流を深める事ができ、実りある時間を過ごすことができました。

  最後に江津YEGの皆様、感染症対策を含めた設えをありがとうございました。

 去る6月20日(月)、あけぼのグランドゴルフ場にて令和4年度新入会員式・6月例会を開催しました。まず初めに新入会員式があり、新たに2名の仲間を迎える事ができました。自己紹介ではユーモラスな面を出しながらも今後の青年部活動への抱負を語ってくれました。

   
 
 新入会員式の様子
 
 例会セレモニー終了後、交流会を開催しました。今回はグランドゴルフです。まず鹿野委員長より趣旨説明とチーム発表があり6チームに分かれました。大谷会長の始球式のあと、チーム対抗戦で火花を飛ばしました。
 
  
 
 蒸し暑い中ではありましたが、どのチームからも笑い声や歓声と悔しそうな叫び声が多くあり短い時間ではありましたがとても楽しい交流会でした♪
 
  
 
  
 
交流会の様子
 
 いつもは別の委員会であまり関わりのない部員とスポーツを通じてコミュニケーションを図る良い機会になりました。みなさまお疲れさまでした!
 
  

 

 この度、益田商工会議所青年部に入会させて頂きました、有限会社ちるちるみちるの篠原将と申します。
弊社は本社ちるちるみちるが創業45周年、また居酒屋海鮮丸、居酒屋颯斗を経営しており、地域の皆様に愛されるように努めてまいりました。地産地消を掲げ、料金もリーズナブルに設定しています。
今まさにコロナ禍であり、当社も大きな打撃をうけております。そんな中でも、青年部の活動を通して自分で何が出来るのか勉強していき、自社に持ち帰ることができるよう精進して行きたいと思っております。卒業してからも皆さんとお付き合い出来るよう、絆や信頼を得て、そして自分自身も楽しみながら青年部活動をしていけたらと思います。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

総務広報委員会 篠原 将 事業所:有限会社ちるちるみちる

 この度、益田商工会議所青年部に入会させていただきました、益田タクシー株式会社の藤原政志と申します。
弊社は、地域のためになくてはならないタクシー会社になることを目標にしています。『お客様のタクシー離れ』『社内の高齢化』という難題を抱えていますが、私らしく、マスタクらしく、この壁をある意味では成長のチャンスと捉え、楽しみながら模索しているところです。
入会はしたものの、右も左も分からないことだらけでご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、与えられた仕事を精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 

総務広報委員会 藤原 政志 事業所:益田タクシー株式会社

  令和4年6月4日(土)松江商工会議所にて、島根県商工会議所青年部連合会 第1回連絡会議・通常役員総会が開催され、益田YEGからは大谷会長、田原直前会長、渡辺監事、石川事務局の4名で参加しました。

 議事については、第1号議案 令和4年度事業報告並びに収支決算について、第2号議案 令和4年度事業計画(案)並びに収支予算(案)、第3号議案 令和5年度県青連役員(案)、第4号議案 島根県商工会議所青年部連合会規約改定(案)について審議され、すべて承認されました。


通常役員総会後には研修会が開催され、青年部活動の目的の一つである提言活動についての事例発表やグループディスカッションを行い、政策提言の重要性を改めて認識し「企業の人手不足について」をテーマに議論も交わしました。
 

 他単会のメンバーと議論する機会は少ないので良い刺激をもらえる貴重な体験となりました。



 

 

委員会紹介(産業祭委員会)

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/6/7 14:19

今年度産業祭委員会委員長を務めます、株式会社斎藤電機の鹿野智資と申します。

 昨年はコロナ禍の下での「第35回ますだ産業祭」になりましたが、多くの皆様にご来場いただきまして誠にありがとうございました。本年は実に36回目の「ますだ産業祭」を迎える運びとなります。これも偏に皆様方のご支援、ご配慮の賜物と深く感謝しております。
 今後もコロナ禍の下での生活が継続すると予想されますが、今年の「ますだ産業祭」では、コロナ禍をマイナスだけにとらえるのではなく、何事にも柔軟に対応し、地域経済の活性化に向け企画・運営に取り組んでいきます。
 益田圏域の皆様と共に「ますだ産業祭」を盛り上げていけるよう益田YEG一丸となり精一杯取り組んでまいります。一年間どうぞよろしくお願い申し上げます。
令和4年度産業祭委員会 委員長 鹿野 智資  事業所:株式会社斎藤電機
 

 令和4年度地域創造委員会委員長を務めさせていただきます、セブン‐イレブン益田あけぼの本町店の大畑友幸と申します。

 今年度の地域創造委員会は、萩・石見空港利用促進事業など関係人口拡大に繋がる事業を行ってまいります。
 益田に多く存在している豊かな経営資源を最大限活用し、圏域の地域と繋がりながら、関係を築いた地域も「いいまち」になるような事業を実施したいと思います。一年間どうぞよろしくお願い致します。
 
 令和4年度地域創造委員会 委員長 大畑 友幸 事業所:セブン-イレブン益田あけぼの本町店
 

令和4年度総務広報委員会委員長を務めさせて頂きます、有限会社千代田企画の寺戸大輔と申します。総務広報委員会では、総会などの運営や執行部の補佐をする総務事業、HPやSNS、所報などを活用し活動の発信を行う広報事業を行ってまいります。

益田YEGの屋台骨とされる総務広報委員会としてしっかりと会員を支えながらも新たな取り組みも行い“∞(MUGEN)貢献ー末広がりのいいまちづくりー”へ貢献できるよう精進してまいります。一年間どうぞよろしくお願い致します。  

令和4年度総務広報委員会 委員長 寺戸 大輔  事業所:有限会社千代田企画

 この度、益田商工会議所青年部に入会しました北陽電気工事株式会社の寺戸顕太郎です。

 弊社は、「人と技術を大切にする」島根県西部地域を中心としたお客様第一の総合電設企業です。コンセント増設から照明器具のLED化、その他電気のことならお気軽にご相談ください。     

 青年部の様々な活動を通じて自分自身も今以上に成長出来るように、また自社の発展、地域経済への貢献にもつながるよう努めていきたいと思います。

 みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

産業祭委員会 寺戸 顕太郎   事業所:北陽電気工事株式会社  

 

 

 

 

 去る5月23日(月)、益田商工会議所3階大会議室にて新入会員入会式、5月例会ならびに事業計画・収支予算説明会が行われました。

 

新入会員入会式の様子 

 まずはじめに新入会員入会式が執り行われ、新たに1名の仲間を迎えることとなりました。自己紹介では、Uターンで益田に戻られたこと、今後の抱負等を真摯な態度で語ってくださいました。

 

会長挨拶 

 例会セレモニーの会長挨拶においては、大谷会長より、5月21日に実施された令和4年度中国ブロック商工会議所青年部連合会第1回会長会議に出席された際の所感を述べられました。主管となった廿日市商工会議所青年部をはじめ、様々な単会のPVが上映され、令和6年度に開催を控えた中国ブロック大会益田大会の成功に向けた決意を新たにされたそうです。

  

             執行部                総務広報委員会

 

          地域創造委員会               産業祭委員会

 例会セレモニー終了後、事業説明会を開催しました。今年度は、総務広報委員会・地域創造委員会・産業祭委員会の3つの委員会にて事業を行ってまいります。各委員長および委員会メンバーによる事業説明、ならびに所信表明では、今年度にかける意気込みを一人ひとりが存分に述べられ、熱い思いが伝わる説明会となりました。

 益田商工会議所青年部一同、益田圏域に対して様々な形で最大限の貢献ができるよう、今年も歩みを止めずに活動してまいります。

副会長抱負 岡部倫弘

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/4/28 18:55

 この度、令和4年度益田商工会議所青年部(益田YEG)副会長を拝命しました都市環境整備株式会社の岡部倫弘と申します。産業祭委員会を担当します。

昨年度は新型コロナウィルスの影響で色々なイベントが中止となる中、制限等がありましたが第35回ますだ産業祭を開催することができ、久しぶりに益田市の皆様の笑顔が見られた祭りとなりました。

令和4年度スローガン「(MUGEN)貢献〜末広がりのいいまちづくり〜」のもと、副会長として会長の補佐はもとより、担当副会長として委員長の想いの実現をサポートするとともに、円滑に委員会活動が行えるよう邁進していきたいと思います。

皆様のご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。

令和4年度副会長 岡部 倫弘   事業所:都市環境整備株式会社

副会長抱負 森下雅人

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/4/28 18:51

 この度、令和4年度益田商工会議所青年部(益田YEG)副会長を務めさせていただきます、萩テレビ株式会社益田局 ひとまろビジョンの森下雅人と申します。総務広報委員会を担当します。

 今年度大谷会長が掲げるスローガン「(MUGEN)貢献〜末広がりのいいまちづくり〜」のもと益田YEGの活動が円滑に遂行出来るよう活動していきたいと思います。

 自身が今までの活動で経験して得てきたものをしっかりと委員会メンバーへ伝え、青年部の活動を通じ地域への貢献、自己の成長、各事業所の繁栄に繋がるような事業活動ができるよう精一杯務める所存にございます。

 一年間どうぞよろしくお願いいたします。 

 

令和4年度副会長 森下 雅人  事業所:萩テレビ株式会社 益田局 ひとまろビジョン

副会長抱負 中岡正道

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/4/28 18:46

 令和4年度、益田商工会議所青年部(益田YEG)副会長を拝命することになりました太陽温調工業有限会社の中岡正道と申します。地域創造委員会を担当します。

 さて、今年度もコロナ危機による景気の低迷に加え、物価高騰といった新たな課題も加わり、変化していく環境に適応するべく試行錯誤する日々が続きそうです。

令和4年度益田YEGスローガン「(MUGEN)貢献〜末広がりのいいまちづくり〜」のもと、俯瞰してものごとを見据え、継続的に事業活動に取り組んで行けるよう気概をもって積極的に活動していく所存でございます。

また、令和6年度日本商工会議所青年部第42回中国ブロック大会益田大会開催に向けた準備、広報活動についても精一杯努めてまいります。

どうぞ一年間よろしくお願いいたします。

令和4年度副会長 中岡 正道   事業所:太陽温調工業有限会社

  令和4年4月18日(月)益田商工会議所3階大会議室において、益田商工会議所青年部(益田YEG)4月例会を感染予防対策実施の上で開催しました。

   

  令和4年度益田商工会議所青年部(益田YEG)大谷 卓 会長あいさつ

 

 例会セレモニー終了後、益田市長 山本浩章様、益田市産業経済部長 梅津明則様、益田商工会議所会頭 松永和平様、益田商工会議所専務理事 城市和人様、益田商工会議所女性会会長 原陽子様、商青OB会会長 小川和富様をご来賓にお招きし令和4年度益田商工会議所青年部(益田YEG)通常総会を開催しました。

 

 ご来賓の皆様

 

 はじめに会長引継ぎ式が行われ、令和3年度会長 田原亮輔君より令和4年度会長 大谷卓君に会長バッチが引き継がれました。続いて大谷卓会長より本年度の抱負が述べられ、ご来賓の皆様よりご祝辞を頂きました。

 

  引継ぎ式

  

 本年度副会長、監事、理事に選任された部員が紹介され、議事へと進み令和3年度事業報告並びに収支決算、令和4年度委員会設置(案)(総務広報委員会、地域創造委員会、産業祭委員会)、令和4年度事業計画(案)並びに収支予算(案)が承認され通常総会は閉会しました。

  

 議事進行

              益田YEGスローガン

             「MUGEN貢献 〜末広がりのいいまちづくり〜」

 

 

 結びに、ご多用の中、益田商工会議所青年部の通常総会にご臨席頂きましたご来賓の皆様、誠にありがとうございました。

令和4年度 会長あいさつ

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
総務広報委員会 2022/4/21 8:40

令和4年度 益田商工会議所青年部スローガン

 

  益田商工会議所青年部は1981年の創立以来、地域社会の健全な発展を図る商工会議所活動の一翼を担うべく活動してまいりました。これまでさまざまな歴史を築いてこられた諸先輩方、長きにわたり友好な関係を継続していただいております諸団体の皆様、そして一番身近でご支援をいただいております益田商工会議所職員の皆様に心から感謝申し上げます。

 

さて、新型コロナウイルス感染症が世界を覆って2年半、世界中の人々がこの試練に打ち勝つために今もなお闘い続けています。わが益田市においても昨年度より中止や延期になったイベントや伝統のある祭りが再開に向けて動き始めました。
私自身もこのコロナ禍にあって苦しいことも多くありましたが、得がたい経験をいただきました。その際に気づいたことは、益田の地には多くの良い経営資源が存在しており、“益田は恵みあるまち”ということです。また同時に、“会社経営はまちづくりの一端を担うもの”ということを再確認することができました。我々青年部は若き企業家団体であり、地域社会の経済的発展の支えとなることを目的としています。青年部活動を通し自己研鑽をし、学ぶことが自社業の永続、発展に繋がり、そしてまちづくりに貢献できる企業へ成長できると考えます。

 

令和4年度は「∞(MUGEN)貢献〜末広がりのいいまちづくり〜」とスローガンを掲げさせていただきました。

 

益田市が月日を重ね、10年、20年先と無限に輪を広げていき、より一層“いいまち”(幸福を感じられるまち)となっていくには、俯瞰してものごとを見据え、一時的ではなく継続的に事業活動に取り組むことが大切であると考えます。新たな年度にあたり、我々青年部は意識を革新し、気概をもって積極的に行動していきます。
 どうぞ1年間よろしくお願いいたします。                                                                           

《活動方針》

一.地域貢献事業
一.益田YEGの魅力向上
一.関係人口拡大に繋がる事業
一.組織強化・会員増強
一.中国ブロック大会に向けた広報活動の拡充

令和4年度会長 大谷 卓 事業所:株式会社 益田クッキングフーズ

 今年度の空港利用促進事業では、新たな生活様式として定着しつつある仕事と休暇の両立を図る「ワーケーション」に着目し、利用者向けのガイドブックを作成・活用して関東圏及び空港圏域にPRして関係人口の増加につながる事を目的として行う事業「萩・石見空港エンジョイワーケーション」と題して行ってまいりました。

 現在、ご協力頂いた空港圏域と関東の関連施設等にガイドブックを配布しております。

この度、作成したガイドブックをオンライン上で公開させていただく事となりました。
地域の魅力の再発見、関東圏域のお知り合いへの地元紹介などにも活用できる物となっておりますので、ぜひご覧頂きたいと思います。

 
 
 
ガイドブック(軽量版)のダウンロードはこちら(容量:約3M)
 
 
ガイドブック(オリジナル版)のダウンロードはこちら(容量:約14M)
 
 

 

 令和4年3月15日(火)益田商工会議所3階大会議室にて令和3年度3月例会・卒業証書授与式を挙行しました。

会長挨拶

令和3年度益田商工会議所青年部会長 田原 亮輔

 

 未だ続くコロナ禍で感染症対策を徹底しながら今年度卒業者の栗本正美部員、橋目昌典部員、吉村健太郎部員、森光部員、田城昇部員、原秀和部員の6名を送り出すことができました。

  

  

  

 卒業される6名は担ってこられた役割や在籍年数の長さなど青年部内での存在は大きい方々でした。
残る部員にとってその先輩方と過ごし得た経験は、まだ多くの制限がある活動の中で大事な教訓となり糧となるものと思います。


青年部送辞

 

         栗本 正美部員                     橋目 昌典部員

 

         吉村 健太郎部員                      森 光部員  

 

          田城 昇部員                          原 秀和部員

 結びにご卒業される皆様の今後益々のご活躍とご健康をお祈りすると共に、今年度益田商工会議所青年部へのご支援・ご協力いただきました皆様にお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

 

 

 令和4年3月5日(土)、令和3年度島根県商工会議所青年部連合会第3回連絡会議・臨時役員総会が大田商工会議所青年部の主管により大田商工会館 3階会議室において開催され、益田YEGから田原会長・大谷筆頭副会長、中岡委員長、大庭事務局の4名で参加しました。

 

 連絡会議ではこの後の臨時役員総会議事について協議され、臨時役員総会では岡拓郎県連会長の挨拶の後、議事では全ての議案が承認されました。報告事項では後長出向理事より日本YEG出向理事報告があり、中国ブロック商工会議所青年部連合会委員会出向者及び副委員長についての報告、各単会活動報告がありました。益田YEGからは田原会長より第35回ますだ産業祭、益田のうまいテイクアウト、エンジョイワーケーションの事業説明がありました。そして松江YEG藤井浩太郎 次年度県連会長予定者より挨拶がありました。 

 その後は数グループに分かれ、避難所運営ゲームを行いました。様々な条件を持ちながら次々と訪れる避難者をいかに効率よく収容出来るかというもので、情報処理や情報報判断、チームワークがとても大切だと感じながら、積極的にゲームに取り組みました。
今年度、岡県連会長が掲げられたスローガン「島根はひとつをモットーに日進月歩」の通り活動して参りました。コロナウイルス感染拡大により、各単会共に苦労が多かったと思いますが、良い経験と活動をすることが出来ました。本年度ももうすぐ終わりに近づきますが次年度へ向け絶えず進歩してくことが大切だと改めて感じました。

 最後になりますが、主管された大田YEGの皆さまに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


 

 令和4年3月10日(木)益田市役所市長室にて 益田市長 山本浩章 様を表敬訪問し、
「萩・石見空港エンジョイワーケーション」に関する事業説明並びにガイドブックの受け渡しを行ってまいりました。

 

 今年度の空港利用促進事業として取り組んでいる本事業は、新たな生活様式として定着しつつある仕事と休暇の両立を図るワーケーションを軸として空港圏域を調べ、それを基にワーケーション利用者向けのガイドブックを作成し、当資料を活用して関東圏や空港圏域に対してPRを行うものです。

 

 本日の表敬訪問を皮切りに各所へのPRを進め、今後、ワーケーションを介した関係人口の増加や航空需要回復の一助となれるよう、これからも事業に邁進いたします。

令和3年度2月例会開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
2021年度総務委員会 2022/2/22 17:37

 令和4年2月21日(月) 益田商工会議所3階大会議室において、2月例会を現地参加とリモート参加のハイブリッド形式で開催しました。

会長挨拶

 

例会セレモニー後に行われた事業報告会では執行部・監事、総務広報委員会、記念事業委員会、産業祭委員会、中国ブロック大会準備室、会員拡大強化室が今年度の活動内容と成果を発表しました。
 
 
         執行部・監事                  総務広報委員会 
 
         記念事業委員会                 産業祭委員会
 
       中国ブロック大会準備室               会員拡大強化室
 
 
各委員会の活動を振り返り、コロナ禍で多くの制限がありながらも青年部が一体となり事業を行うことが出来たと感じました。
今年度まだ終わっていない事業もありますが、反省点はしっかりと引継ぎをして、経験したことを次年度以降に活かせるように最後まで活動してまいります。
 

令和4216日(水)ZOOMオンラインにて、新入会員研修会(後期)を開催しました。

リーダーシップとチームワークの構築を学ぶ研修として、今年度新入会員2名を模擬委員長とし、2つの委員会を設定し参加者と各グループに分かれて「中国ブロック益田大会において益田の魅力を発信できる分科会」の考案を行いました。
 
 

各委員会とも建設的な話し合いができ委員会形成の重要性を知ること、リーダーシップを発揮する難しさ、意見をまとめる難しさを学ぶことができたと思います。またオブザーバー参加の部員においても、1人1人が意見を持ち、議論を活性化することでより良い意見が出ることを改めて実感できた研修でした。今後も様々な青年部活動において活発な意見を出し合い、益田YEGの活動を盛り上げていきたいと思います。

 「MASUDAの美味い!TAKEOUT!」飲食券の抽選会を2月3日に行いました。

 
 
応募総数は 672通 となり、多くのご応募いただき誠にありがとうございました。
 
抽選はアナログですが田原会長が1枚1枚思いを込めて選びました。
 
 
封入作業も終え順次送付いたしますので2月5?6日頃には当選者様に届く予定です!
 
 
 
届きました飲食券は登録店舗にてテイクアウト、店内での飲食どちらでもご利用いただけます。
 
有効期間は2022年3月21日(月)までとなります。
 
必ず有効期間までにご利用ください。
 
登録店舗一覧はこちらをご参照ください。
 
 
 
 
最後に本事業にご応募いただいた皆さまご参加ありがとうございました。
 
また、ご登録いただきました飲食店の皆さまご協力いただき誠にありがとうございました。
 
 
今後も様々な事業を通じ益田が活気に満ちあふれるよう活動して参ります。
 
今後とも益田YEGの事業にご賛同頂けますようよろしくお願いします。
 
 

   去る令和4年1月17日(月)、1月例会にて、グループワーク研修会「野球のポジション当てゲーム」を実施しました。4~6人のグループに分かれ、与えられるヒントをもとに制限時間内に正解を導く、協力型の論理ゲームです。今般のコロナ禍において部員同士のコミュニケーションが減少していることを踏まえ、協力して問題解決をすることの大切さを実感すべく企画されました。

 

 今回は完全オンラインによる実施のため、ZOOM上でブレイクアウトルームを作成してグループを作り、各自に3~4枚ずつ、断片的な情報が記されたカードを配りました。カードの情報は他のメンバーに見せてはならず、あくまで口頭にて情報交換を行い、どの選手がどのポジションについているのか、30分の制限時間以内に正解へたどり着く必要がありました。

 

 手元に表を作るなどして一生懸命取り組みましたが大変難しく、対面でのコミュニケーションの重要性を改めて認識しました。今後もオンラインによる会議が多いと想像しますが、今回の経験を役立てたいと考えています。皆様もぜひ機会があれば「野球のポジション当てゲーム」にチャレンジしてみてください!

 

去る12月20日(月)と1月17日(月)に益田商工会議所3階大会議室及びオンライン開催にて令和3年度12月、1月例会・臨時総会を開催しました。

 

例会セレモニー後、議長を田原会長が務めた臨時総会では、第1号議案として次年度役員の選任を行い令和4年度の理事17名と監事2名を選出、併せて「規約の改正」「特別会費・賛助会員設置」の議案が満場一致で承認されました。

 

また次年度副会長予定者に岡部倫弘君、中岡正道君、森下雅人君の選任が次年度会長予定者の大谷卓君より発表され滞りなく終了しました。

 

今年度も残すところわずかですが、次年度へより良い引継ぎができるよう邁進していきたいと思います。

 

 

〈次年度役員〉

 

〈理事〉大谷 卓  大畑友幸  岡部倫弘  狩野祐治  吉川直希

    蔵本晶夫  河野克美  小林宏彰  鹿野智資  城市 宙

    田原慎一郎 寺戸大輔  寺戸孝幸  中岡正道  永見勇大

    能地真志  森下雅人 (以上17名)

 

〈監事〉伏谷季敏  渡辺賢世 (以上2名

令和3年度11月例会開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
2021年度総務委員会 2021/11/25 11:10

 令和3年11月22日(月)、益田商工会議所3階大会議室において11月例会を開催しました。

会長挨拶

 

         倉吉YEG                     井原YEG

 

例会セレモニー終了後、倉吉商工会議所青年部(以下倉吉YEG)より、令和2年度日本商工会議所青年部(以下日本YEG)中国ブロック代表理事 湯村 大介様、令和元年度日本YEG中国ブロック鳥取県連代表理事 田栗 信昭様、令和3年度倉吉YEG会長 長谷川 裕通様、井原商工会議所青年部(以下井原YEG)より、令和3年度日本YEG中国ブロック代表理事・井原YEG会長 乘藤 昭範様、日本YEG第39回中国ブロック大会井原大会 大会会長 細羽 昌彦様、令和3年度井原YEG総務広報委員会 笹井 康久様を迎え、中国ブロック大会を主催・主管で執り行った運営方法や分科会、PVについて工夫した点、苦労した・大変だった事等のエピソードを拝聴し、グループディスカッションにてブロック大会開催に関して質疑を考えお答えいただきました。

 

 

 

いよいよ3年後に益田市で開催が予定されている中国ブロック大会益田大会に向け益田商工会議所青年部一同にとって大変有意義な時間になりました。
ご多用の中ご講義頂きました、倉吉YEG湯村様、田栗様、長谷川様 井原YEG乘藤様、細羽様、笹井様誠にありがとうございました。

 昭和56年5月、43人の熱き志を共有する同志たちにより産声をあげた益田商工会議所青年部は今年度、創立40周年を迎えることとなりました。
40年周年を迎えることが出来たのも、歴代会長をはじめとする諸先輩方のご尽力と地域の皆様のご理解ご協力によるものと心より感謝するとともに、厚く御礼申し上げます。
その想いで益田商工会議所青年部創立40記念動画作成致しました。
本来であれば益田商工会議所青年部創立40周年記念式典のオープニングにて流す予定でございましたが、残念ながら新型コロナウイルス感染症感染拡大により中止となり寂しい思いを致しましたがこうして皆様に見てもらえる事になり嬉しく思います。
是非ご覧ください!
https://www.youtube.com/watch?v=tn4RC5iUkwY&t=2s

 令和3年11月13日(土)、令和3年度島根県商工会議所青年部連合会第2回連絡会議・講演会が大田商工会議所青年部の主管により大田商工会館 2階会議室において開催され、益田YEGからは翌日に第35回ますだ産業祭の開催を控えていたため田原会長・大庭事務局の2名で参加しました。
連絡会議に先立ち、岡 拓朗県連会長より「第1回連絡会議・通常役員総会は完全オンラインでの開催となったが、今回は対面で会議ができ非常に嬉しく思う。現在新型コロナウイルスの感染拡大は落ち着いているが、完全に終息しているわけではない。青年経済人として今出来ることをしっかりと考え島根県連一丸となって地域の為に共に活動していこう」と挨拶があり、大変共感しました。

 連絡会議では協議事項として
?中国ブロック商工会議所青年部連合会委員会出向について
?島根県青連災害対策規定について
協議が行われました。
また、報告事項では島根県連代表理事後長賢治代表理事より日本YEG出向理事報告が行われました。
 

連絡会議終了後、株式会社ラフデッサン代表取締役キムラ ミキ様による「アフターコロナも伸びゆくために」と題した講演会が開催されました。キムラ様は米子YEGの現役メンバーで令和元年度には会長職も経験されています。その中で国内企業の成功例を紹介され、それを基に事業アイデアの発見軸として「導入・合体」「分離・分割」「蘇生・復活」「変更・転用」「輸入・輸出」を5つのキーワードに分類し自企業の事業アイデアに結び付けるグループディスカッションを行いました。アフターコロナに向かって様々な角度から考えることによってどのように自企業の発展に繋げていけば良いか学ぶことができ、非常に有意義な講演会となりました。

 今回の連絡会議・講演会を通して、今年度、岡県連会長が掲げられたスローガン「島根はひとつをモットーに日進月歩」の通り我々青年経済人は現状に満足することなく日に、日に絶えず進歩していくことが大切だと改めて感じました。

 最後になりますが、主管された大田YEGの皆さまに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

第35回ますだ産業祭開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
2021年度総務委員会 2021/11/16 21:09

 令和3年11月14日(日)、益田商工会議所青年部(以下益田YEG)主催「第35回ますだ産業祭」を島根県立万葉公園太陽の広場にて開催しました。
第35回ますだ産業祭は例年とは違い新型コロナウイルス感染症対策を行いながらの開催、益田市圏域の方に制限、オンライン登録した方のみの入場、入場時の検温や消毒、ソーシャルディスタンスなど多くの制限を設けさせて頂きましたが、皆様のご支援・ご協力により事故やトラブルなどもなく、また天気にも大いに恵まれご来場いただきました皆様には楽しんで頂けたと存じます。

益田東中学校吹奏楽部による素敵なメロディーでスタートした第35回ますだ産業祭!

オープニングセレモニー。令和3年度産業祭委員長の中岡による開催の挨拶。

益田市長 山本浩章様、益田商工会議所会頭 松永和平様よりご祝辞を頂きました。

 

 ステージ会場ではフラダンス、フリースタイルダンス、大正琴や企業PRタイムなどを開催しました。また、益田市ご当地アイドルPrecious(プレシャス)も産業祭を盛り上げてくれました!

     

 駐車場会場では、パトカーや消防車、大型重機などがあり子供たちも普段は中々間近で見ることが出来ない部分などに興味深々な様子でした。
他にも益田市観光交流課にもご協力を頂き、益田市がキャンプ地として選ばれたパラリンピックアイルランド自転車チーム寄贈の手漕ぎタイプの自転車体験、オリンピックトーチとの記念撮影などがありました。

    

     

 藤棚前でのわいわい村は射的と輪投げを行い、子供から大人まで幅広く楽しまれていました。スポーツイベントではストラックアウトやバスケットボールのフリースロー、サッカーでは中国サッカーリーグ所属ベルガロッソ浜田の方々によるサッカーボウリングなど様々な催しを行いました。また終日にわたって高津神楽社中さんによる石見神楽を舞っていただき、迫力の演技に大いに盛り上がりました。益田東高校神楽部の皆様もステージで見事な舞を披露しました。

    

 本当に多くの方にご来場していただきました。新型コロナウイルス感染症の流行で益田のイベントや祭りの多くが中止になり、寂しい期間が長かった分ご来場いただきました皆様、関係者、ボランティア頂いた方々と共に産業祭を開催できたことは感謝しかありません。
益田の明るい未来を、そして益々の産業の発展を目指し益田YEG一同一所懸命頑張りますので今後ともよろしくお願いいたします。


 

 

 10月25日(月)益田商工会議所3F大会議室にて第35回ますだ産業祭説明会が開催されました。

 

           説明会の様子              産業祭委員会 中岡委員長

 

4月当初から積み上げてきた各イベント・会場設営・前日、当日のスケジュール・人員配置等の説明が各担当からありました。

    

  

 

 

 例年であれば、会場を移しての決起大会を行うところですがコロナウイルス感染予防対策として今年は中止致しました。


最後になりますが、ご後援、ご協賛いただきました各企業の皆様本当にありがとうございます。今年のますだ産業祭は去年中止となり2年越しに開催される産業祭でございます。心も新たに益田YEG一丸となり、スローガンに掲げた

『よしっ!やろう! ますだの未来のために』

のもと、益田の産業、企業を地域全体で盛り上げ新たな益田に向けて踏み出すことができるよう、精一杯取り組みます!どうぞよろしくお願いいたします。

 

 令和31016日に岡山県井原市にて、第39回中国ブロック大会ぼっけーええでいばら大会が開催されました。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、残念ながら記念式典の現地参加については各単会2名までとなり、益田YEGからは田原会長のみの参加となり、その他は完全オンラインでの参加となりました。

実行委員長開会宣言

 

ブロック旗入場

 

中国ブロックYEG会長挨拶

 

 日本YEG会長

 

 

 青空が広がる中世夢が原にて行われた記念式典は、井原YEGさんならではの趣向が見られ、日本YEGの吉川会長もあいさつで「晴天の中、屋外で挨拶することは初めての事であり、とても清々しい思いである」と述べられておりました。

 

 分科会や物産展についても、インターネット経由で井原市の魅力がふんだんに盛り込まれた内容が配信されていました。

         

    第2分科会(オンライン)の様子        第3分科会(オンライン)の様子

 

 

   

    第4分科会(オンライン)の様子         第6分科会(オンライン)の様子

 

 

 今回はオンラインでの参加ではありましたが、井原YEGの皆様の様々な趣向を感じ取り、今後の青年部活動に役立てていけるよう青年部一同邁進していきたいと思います。

 大会に際して主管された井原YEGの皆様ありがとうございました。

 9月21日(火)益田商工会議所3階大会議室およびZoom(オンライン)において臨時総会並びに9月例会を開催しました。

 会長あいさつでは、40周年記念式典を断腸の思いで中止の決断をしたこと、綱領指針というYEGの正義のもと産業祭、記念事業を万全の対策で行うこと、地域の先導者として前向きに活動しようと述べられました。


会長あいさつ
令和3年度会長 田原 亮輔


臨時総会では議長を田原会長が務め、第1号議案 次年度会長選任 について今年度筆頭副会長 大谷卓部員(事業所:有限会社 セゾングループ)が選考委員会にて選任され、次年度会長予定者として賛成多数で承認されました。


令和4年度会長予定者 大谷 卓
 

 臨時総会後の9月例会では、「アンガーマネジメント基礎研修 今日からできる『怒りと向き合う』トレーニング」をテーマに「怒り」と上手に付き合い、円滑な人間関係を構築させる方法を学ぶことを目的に研修会を行いました。

 講師はアンガーマネジメントファシリテーターの資格を持つ寺戸大輔部員(事業所:有限会社千代田企画)が務め、怒りの発生の仕組みから上手に怒り、怒る必要のない場面では怒らなくて済むようなトレーニング方法の基礎を講演頂きました。


講師あいさつ
益田商工会議所青年部 寺戸 大輔 部員

 

 

 

 怒りと向き合い数値化し客観視することで怒りをコントロールし、不必要な怒りが人や物へ向かわないようにすることを学びました。また、この研修を通して自身の怒りと向き合うことの大切さを部員一人一人が感じる良い機会となったと思います。 

 令和3年9月8日(水)、Zoomを利用した完全オンラインにて、今年度入会した新入会員3名を対象に新入会員研修会(前期)を開催しました。


会長挨拶 令和3年度会長 田原 亮輔
 

 前期講習会では「青年部規約の解説及び過去の青年部の活動についての講習」と題し、伏谷季敏直前会長を講師に商工会議所とは、青年部とは、益田の規約や組織図、事業実施の流れなどについて資料や映像を画面をシェアしながら講習を行いました。

 

 新入会員にとっては今まで点であったことが線となり、既存会員にとってはあやふやに覚えていたことがしっかり確認できたいい機会となりました。
今回学んだことを基本に豊かで住みよい郷土づくりへこれからも貢献してまいりたいと思います。

 8月23日(月)、令和3年度臨時総会及び8月例会を完全オンライン(ZOOM)にて執り行いました。 

 例会セレモニーの会長挨拶では、「新型コロナウイルスの猛威は想定外、そんな中執行部に支えられ何とか会長としての職務が出来ている。皆さんは委員長を支えられているでしょうか?仲間同士で支え合って一致団結でコロナに立ち向かい行動していこう。」と述べられました。

  

田原会長挨拶

  例会セレモニー終了後には、令和3年度臨時総会を執り行いました。議長を田原会長が務め、第1号議案 令和3年度産業祭特別会計収支補正予算(案)について賛成多数にて承認されました。ZOOMでの臨時総会は初めての事でしたが、リアクション機能を利用し、質疑や決議を行うなどリモートならではの方法でした。 

 臨時総会決議の様子 

 臨時総会終了後、「益田商工会議所青年部(以下益田YEG)事業振返り」を行いました。趣旨説明で森下委員長は、「過去10年をメインに、萩石見空港利用促進事業、対外事業などを振返り今後の事業を行う際のヒントに、また入会してまだ間もない部員も増えてきたので委員長になった際の参考になれば。」と述べられました。 

 

森下委員長趣旨説明

  

  

   

益田YEG事業振返りの様子

  各部員の委員長時にどういう思いで事業を行ったか、大変だった事、得られた事など普段聞くことが中々ない話が聞け、とても有意義な時間になりました。質疑応答では質問や感想などもあり、実りある益田YEG事業振返りになりました。

 7月31日(土)石見四市商工会議所青年部交流会を益田市ひだまりパークみとにて益田YEG主管で開催しました。
当日は茹だるような暑さ(;´Д`)
開会式では主管会長である田原亮輔君より「今日は太陽も皆様を出迎えてくれた。無理をせず楽しんで欲しい。」とあいさつがあり、続いて担当委員長あいさつ、ルール説明があり会長4人による始球式でグランドゴルフ大会がスタート。


開会式


主管YEG会長あいさつ
益田YEG令和3年度会長 田原亮輔

 
担当委員長あいさつ                ルール説明
記念事業委員会委員長 森下雅人        記念事業委員会副委員長 市原崇敬

始球式
大田YEG安藤孝文会長、江津YEG金村雅之会長、浜田YEG佐々木貴裕会長、益田YEG田原亮輔会長

 

 いやぁ〜ほんとに暑かった(;´Д`)7組でチーム戦と個人戦で競い合いました



プレー中の様子

 プレー終了後表彰式、各単会PRを行い、江津YEG金村雅之会長が「今頑張る我々に、未来の我々は感謝する!」と締められ、会は賑やかなまま終了しました。

 コロナ禍、そして猛暑の中の交流会でしたが、各単会の状況や制限の多い中での事業計画の工夫なども聴くこともでき、良い刺激を受けることができました。
結びになりますが、大田YEG、江津YEG、浜田YEGのみなさまご多用の中、益田市までお越しいただきありがとうございました。

 

令和3年度7月例会開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
2021年度総務委員会 2021/7/24 1:49

 7月19日(月)7月例会を完全オンライン(Zoom)にて開催しました。


会長あいさつ
令和3年度会長 田原亮輔

 例会セレモニー終了後「今後有効と考えられる会員拡大の手法や新入会員のサポート体制について」をテーマにディスカッションを行いました。
始めに、本年度より新たに設置された会員拡大強化室の柳田室長より趣旨説明と会員拡大についての事前アンケートの集計報告がありました。


会員拡大強化室 室長 柳田 晴治

 ブレイクアウトルームを活用し4グループに分れて、ディスカッションを行いました。
益田YEGの魅力、入会のメリット、益田YEGが目指すべき未来について会員皆で再確認し共有することにより、現会員の会員拡大への意識を高めることを目的とし、活発なディスカッションが繰り広げられました。


グループディスカッションの様子

グループディスカッション終了後、各グループの代表者が感想を述べ終了しました。

 
A:栗本正美部員         B:大谷宏明部員

  
C:曽田健斗部員         D:森下雅人部員

 多くの諸団体の例に漏れず益田YEGも会員拡大が喫緊の課題となっています。ディスカッション内容また、事前アンケートを集約し共有することで今後の会員拡大に活かしていきます。

 

会員募集のご案内!!

益田商工会議所青年部(益田YEG)では一緒に活動していただける仲間を随時募集しております。
お気軽に益田商工会議所までお問い合わせ下さい!!


 

 

 

 

益田商工会議所青年部監修のはまぐりら〜めんに夏向けのアレンジメニューが出来ました。

暑い夏を乗り切るためのひんやりメニューからちょっとかわったメニューまでぜひお試しください!

 ☆メニューその1!【冷やしラーメン】

 

 

 

 ☆メニューその2!【焼きラーメン】

 

 ☆メニューその3!【つけ麺

 ☆メニューその4!【冷やし中華風】

 令和3年6月26日(土)、令和3年度島根県商工会議所青年部連合会 第1回連絡会議・通常役員総会がオンライン(Zoom)で開催されました。このたびはZoomの混雑を避けるために、今年度県青連役員並びに各単会事務局、次年度県青連役員予定者のみの参加で行われました。主な議案として今年度事業計画並びに事業予算などがあり、質問や提案など多くの意見が交わされ、オンラインではありますが活発な会議となりました。

 去る6月21日(月)、新入会員式、6月例会並びに令和6年度に開催予定の中国ブロック大会益田大会説明会を開催しました。新型コロナウイルス感染予防対策のため、前回の例会では現地参加とリモート参加のハイブリッド形式で行いましたが今回は初めてすべてをZOOM上で行う完全リモートでの開催となりました。

 

 はじめに新入会員入会式が開催し、新たに1名の仲間を迎えることとなりました。自己紹介ではこれからの青年部活動への抱負や思いを語ってくれました。 

 

 例会セレモニーの会長挨拶では田原会長より「新型コロナウイルス感染症(新型コロナウイルス)により活動を行うことが難しくなっている。しかし、やめることストップすることは簡単だがそれが成長につながるのか?今後生かされるか?今、積極的に活動することに賛否はあるが、地域とともに暮らしている青年経済人として、先導して行動する姿を見てもらいYEGのイメージ向上につなげよう」と思いを述べられました。

                      

     

ZOOM上での例会の様子

 例会セレモニー終了後、中国ブロック大会益田大会説明会を開催しました。中国ブロック大会準備室より中国ブロック大会の目的や予算、4役の役割や今後のスケジュールなど事細かに説明がありました。40年毎に担当することが通例のため、現役部員は誰もが企画・運営の経験がなく最後の質疑応答では活発な意見が飛びかい大会開催に向け意識が高まりました。
 

室紹介(会員拡大強化室)

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
2021年度総務委員会 2021/6/22 15:02

 会員拡大強化室では、益田市の多くの方々に益田商工会議所青年部の魅力を発信し、そして私たちと一緒に活動していただく仲間を募集します。入会後も楽しく活動できるようしっかりとサポートをさせていただきます。
さあ益田YEGの扉を開きましょう!

令和3年度会員拡大強化室室長 柳田 晴治 事業所:(有)花柳園

 令和6年度 日本商工会議所青年部 第42回中国ブロック大会益田大会開催に向け、様々な調査を進め協議します。また、部員の意識向上を図る取り組みを企画・運営し、部員相互に納得のいく活路を見出していきます。

令和3年度中国ブロック大会準備室室長 大谷 卓 事業所:(有)セゾングループ

 去る5月31日(月)、益田商工会議所3階大会議室にて新入会員入会式、5月例会並びに事業説明会を感染予防対策実施の上開催しました。本来であれば5月中旬を予定しておりましたが昨今の益田市の感染状況を踏まえ延期となり、また当日開催に際し現地参加とZOOMミーティング機能を使ったリモート参加のハイブリッド形式での初めての開催になりました。 

 

 はじめに新入会員入会式が執り行われ、新たに2名の仲間を迎えることとなりました。自己紹介ではこれからの青年部活動への抱負や思いを語ってくれました。 

 

 例会セレモニーの会長挨拶では田原会長より「新型コロナウイルス感染症(新型コロナウイルス)拡大により益田市でもゴールデンウィーク以降状況が一変してしまった。しかし我々は青年経済人として歩みを止めず、益田市の為に何ができるか常に考えて行動していこう」と思いを述べられました。 

   

          執行部                      総務広報委員会       

    

         記念事業委員会                 産業祭委員会         

    

       中国ブロック大会準備室               会員拡大強化室    

 例会セレモニー終了後、事業説明会を開催しました。今年度は、総務広報委員会・記念事業委員会・産業祭委員会の3つの委員会に加えて、中国ブロック大会準備室と会員拡大強化室の2つの室を設け、事業を行ってまいります。各委員長及び室長による事業説明では、今年度も新型コロナウイルスの影響で思うように事業が行われるか不透明な部分がある中で益田市を盛り上げ前へ前へと歩を進めようという思いを強く感じる説明会となりました。 

 

リモート参加の様子 

 

 益田商工会議所青年部一同、この様々な変化が求められる中「今」行動し、輝く「未来」に向かって青年部活動を精進してまいります。 

 昨年度に引き続き、産業祭委員会委員長を務めさせて頂きます、太陽温調工業有限会社の中岡正道と申します。 

昨年の『ますだ産業祭』は新型コロナウイルス感染症拡大の状況を考慮し中止と致しましたが、例年皆様の多大なるご支援、ご協力を頂いていること心よりお礼申し上げます。 

 『ますだ産業祭』は本年で35回を迎える運びとなりました。未だ新型コロナウイルス感染症収束の見通しが不透明な中ではありますが、益田の豊かな自然や歴史、文化を未来の子供たちに伝承しつつ、地域産業の振興・発展のため今できることを考え、行動し、再び地域と一体となり益田を盛り上げて行けるよう、益田YEG一丸となり活動してまいります。1年間どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

令和3年度産業祭委員会 委員長 中岡 正道  事業所:太陽温調工業有限会社

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project (ログイン