ただいまの益田YEG会員数 46

uid000066_20170925155917f4fa36a4.jpg uid000066_20171101233958f91a3d70.jpg uid000066_2017071508053809ae89f8.jpg uid000066_20170531221640949cd962.jpg uid000066_20171013082027491237a6.jpg
カテゴリ一覧
過去の記事
事務局

益田商工会議所内

〒698-0033
島根県益田市元町12−7

TEL(0856)22−0088
FAX(0856)23−4343

益田YEGニュース

JC交流会開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
23年度総務委員会 2011/7/29 21:25

 7月3()に萩・石見カントリー倶楽部にて益田JCとの交流ゴルフ交流会が開かれました。

 まず、益田JC清水理事長と益田YEG寺戸会長の始球式から始まりました。年に一度の交流会とあってお互いに楽しく交流を深めゴルフを楽しみました。

 夜は玄海にて昼のゴルフに参加出来なかった部員も集まりゴルフとはまた違った雰囲気の中さらなる親睦を深めました。

 今回は益田JC主管の交流会でした。益田JCの皆さん準備等ご苦労様でした。楽しい交流会をありがとうございました。

      (参加メンバー全員で記念撮影)

          (始球式です)

総務委員会 濱田 高綱 事業所:L.A.)

 

 

 1月に運休した萩・石見空港の大阪便の夏季限定運航が715日より始まり、益田YEGとして寺戸昭夫会長以下19名で期間運行初便お出迎え&お見送りセレモニーに参加しました。

 到着ロビーでは我々益田YEGと共に福原慎太郎市長、島田憲郷・益田商工会議所会頭らと出迎え、利用客に特産メロンを贈り、またセレモニーでは多くのメディアを前に空港利用促進の横断幕を掲げ、今後の大阪便利用を訴えました。

 期間限定ではありますが、いざ大阪便が再開されると、利用者でロビーが賑わい、あらためて石見地方と関西圏域の経済・観光・文化をつなぐ架け橋として大阪便の定期便就航の必要性を感じました。

 本年度、益田YEGは30周年を向かえ、その記念事業として空港利用促進を活動の柱としております。今後も空港利用促進の声を絶やす事無く活動してまいります。

(期間限定就航便(7月15日〜8月31日)をPRする青年部員)

    (ローカルテレビでも映ってました。)

記念事業委員会:静間 徹博 (事業所:?高津自動車修理工場)

 

 7月14日(木)益田商工会議所2階役員会議室において、平成23年度益田YEG新入会員研修会前期が開催されました。

 まず、23年度会長より益田YEGの今年度の思いをお聞かせ頂き、講師として寺戸輝久直前会長より、商工会議所青年部の組織・益田YEG規約・指針などを詳しくご講義頂き、青年部員としてどうあるべきかを新入部員一人ひとりが考えさせられ、有意義な研修会となりました。

自分自身この青年部活動を通してどのように地域の活性化・各事業所の発展に携わって行けるかと思っております。

      (研修会講師の寺戸直前会長)

     (研修会を受講する新入会員 前列6名 2列目3名)

総務委員会 神田 惟佑  事業所名:GS.KANS

 

 7月19日(火)益田商工会議所3階大会議室において7月例会が開催されました。

 例会セレモニー終了後、総務委員会主催で益田商工会議所青年部ホームページ及び日本商工会議所青年部ご縁満開ビジネスサイト登録勉強会が開催されました。

 現在のホームページは、ブログ形式となっておりパスワードがあれば青年部員誰でも入力できるように変更されています。このホームページを自社PRでおおいに活用していただきたいという思いで今回勉強会を開催しました。

 また、ご縁満開ビジネスサイトは全国の青年部員同士の情報交換、製品等PRの場であり、これも有効活用して新たなビジネスチャンスを部員の皆さんに展開して頂ければいいと思います。

 両方のサイトは一般の方でもご覧になれます。益田YEG、日本YEGで検索してみてください。

          (趣旨説明を行う三上総務委員長)

          (真剣に?勉強会に取り組む部員)

               総務委員会:小川 和富 ( 事業所:安野産業? )

 6月20日(月)益田商工会議所3階大会議室において、益田YEG6月例会が開催されました。

 新入会の4名の仲間を迎え、益田YEG創立30周年記念空港利用促進事業田舎体験ツーリズム「まるっと益田」キッズサマーキャンプの事業説明会が記念事業委員会により行われました。

 説明会では、委員長の趣旨説明の後、資料とプロジェクターを参照しながら、ツアーの日程にそって各担当からの説明や協力要請などがあり、会員一同は真剣な眼差しで聞き、質疑しました。

  私達会員と参加してくれる子供達、ふるさと益田の「Next Stage 未来創造」がより良いものになる様に、益田YEGの力を合わせ、この事業を成し遂げようと思います。 

 

 

 

(趣旨説明を行っている西村記念事業委員会委員長)

     記念事業委員会:池田 知久(事業所名:(有)ドレミ )

 

 

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project (ログイン