ただいまの益田YEG会員数 45

uid000066_201706041110162e2f0084.jpg uid000066_20170715080817df74ac7e.jpg uid000066_201711172333023edabea3.jpg uid000066_201711231536310301eacb.jpg uid000066_20171013082027491237a6.jpg
カテゴリ一覧
過去の記事
事務局

益田商工会議所内

〒698-0033
島根県益田市元町12−7

TEL(0856)22−0088
FAX(0856)23−4343

E-mail:yeg@masudacci.jp

益田YEGニュース

 令和2219日(水)から223日(日)まで静岡県沼津市で開催された「日本YEG第39回全国大会ふじのくに静岡ぬまづ大会」に中野会長をはじめ卒業予定者2名を含む益田YEG総勢9名で大会3日目21日(金)より参加しました。

集合写真

 

現在、世界各地で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で大会開催が危ぶまれましたが、日本YEG田中会長と吉川全国大会長の「経済人である我々が経済活動をとめてはならない」という熱い想いと、主管である静岡県連の皆様の徹底したウイルス対策の実施により開催に至りました。大会テーマ「創意工富(そういくふう)〜日本一高い志と、日本一深い絆で創ろう!YEG新時代〜」のもと7,600名を超える登録があり、全国のYEGメンバーが沼津の地に集まりました。

21日(金)に開催された第89回通常会員総会では、「令和3年度会長候補者選任(案)について」「令和2年度事業計画(案)について」「令和2年度収支予算(案)について」が審議され可決されました。

審議後には日本YEG令和2年度会長予定者である宮崎YEG米良充朝君が「日本YEGのスケールメリットを生かし、団結と連帯を強固なものにして全国418単会、34,000名の為になる事業を構築していく」と次年度へ向けての想いを語られました。

会員総会終了後、大懇親会が盛大に開催され、静岡県の食を堪能しながら県内外のYEGメンバーと交流を深めました。

22日(土)には記念式典・記念講演・記念事業が開催されました。記念式典の主催者挨拶では日本YEG田中会長が「令和という新しい時代を迎え我々はYEGとして何をしていくべきなのか。それは間違いなく自企業を発展させ、地域経済を活性化させ、地方創成を成し遂げこの国の未来を創っていくことである。そのために変化を恐れず時代に合った形へ企業を変え発展させていかなければならない。我々は先導者となって地域経済を牽引する役目を担っている」と挨拶されました。

記念式典の様子

 

また、「政策提言書手交式」「BPC(ビジネスプランコンテスト)グランプリ表彰式」「YEG大賞表彰式」も行われ、日本YEG事業の集大成の場となりました。

『創意工富』の詰まった全国大会に参加し、YEG活動の意義である「交流と研鑽」を通じて、新たな出会いと新たな気づきを得ることができました。「ワクワクが止まらない」全国大会を主管された吉川全国大会長をはじめとする静岡県連の皆様、誠にありがとうございました。

 令和2年2月17日(月)益田商工会議所3階大会議室において、2月例会・事業報告会を開催しました。


中野 純 会長あいさつ

 例会セレモニー後、2019年度事業報告会を開催しました。
執行部・監事、総務広報委員会、創造委員会、交流委員会、産業祭委員会、研修委員会が今年度の活動内容と成果を発表しました。また一年間の感想をそれぞれが述べる中で、会長や委員会メンバーへ感謝を述べられていたのが印象的でした。

 
執 行 部・監 事               総務広報委員会

 
創造委員会                交流委員会

 
産業祭委員会                 研修委員会

〜真価の時代に向って今、挑戦する勇気と情熱を行動へ!〜
2019年度の益田YEGスローガンにもあるように、振り返ってみると各委員会、様々な事に挑戦し、苦労した一年だったように思います。しかしながら今年度の経験は今後の青年部にとっても、個人にとっても勉強になる年になったと感じています。次年度においてもこの一年の経験を活かしさらなる青年部の発展に繋げられるよう努力して行きます。

 2月12日(水)益田商工会議所1階大ホールにて令和元年度新入会員研修会(後期)を開催しました。
今年度新入会員をチームリーダーとし、ユニカール(カーリングの陸上版)を通してリーダーシップ、チームワークの構築を学ぶ研修を行いました。


趣旨説明
交流委員会 岡部 倫弘 委員長代理

 益田レクリエーション協会の皆様のご指導の下、4チームに分かれて試合を行いました。

  

 ユニカール初心者の部員が多い中、各チームとも見事なチームワークと作戦力で試合は延長サドンデスへ突入するなど白熱した内容となりました。

  
  

 多くのオブザーバー参加もあり、リーダーシップを学ぶ事と同時に部員相互の交流を図ることもできました。今後も共に益田YEGの活動を盛り上げていきたいと感じた研修会でした。
最後になりますが、設営からご協力いただきました益田レクリエーション協会の皆様誠にありがとうございました。

 2月8日(土)浜田市のボウルJACにて、浜田YEG主管のもと石見四市交流会が開催され、益田YEG10名で参加しました。


金田 康平 会長(浜田YEG)主催者代表あいさつ

 交流会のボーリングでは英語禁止や利き手じゃない手で投げるなどいろいろな企画が準備されており、和気藹々と交流を深めることが出来ました。

 

 ボーリング終了後、国民宿舎 千畳苑に会場を移し懇親会が行なわれました。


中野 純 会長(益田YEG)乾杯のあいさつ

 
余興

 
表彰式

 

単会報告

  各単会報告や余興・ゲームを行い大変有意義な時間を過ごすことができました。地域を越えて今後も交流を深め、石見地域を盛り上げていきたいと思います。
今回主管地として企画運営をしていただきました浜田YEGの皆様誠にありがとうございました。
次年度は益田が主管ですので、しっかりと準備していこうと思います。

未来を創造する事業

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
2019年度総務広報委員会 2020/2/13 11:35

 2月7日(金)、千葉県の幕張メッセで開催された自治体・公共Week2020第3回地方創生EXPOに益田YEG8名で参加ました。

 地方創生EXPOは、地域PR、観光・インバウンド支援、産業支援、IT、スマートシティ推進など、地域・企業が抱える課題解決のための展示会です。


 ICTやRPA、スマートシティなど様々な出展を見学しました。

 

 IoTやAIを活用した業務効率化、産官学連携がもたらす新たな観光資源や付加価値の創出による地域活性化、SDGsへの取り組み等、多方面の課題を解決するアイデアやヒントを得るいい機会となりました。また、地方創生というと自治体が行うことと捉えられることも多いですが、自治体だけではなくそこに住む人や企業がともに取り組むことが地域を持続していくことにつながると感じました。今回の視察で学んだことを今後の青年部活動、企業活動に生かしていきたいと思います

 

 2月1日(土)江津商工会議所青年部創立40周年記念式典が開催され益田YEG7名で参加しました。


益田YEG集合写真

 江津市パレットごうつにて『40th 未来へ繋ぐ想い〜bear the next generation〜』をスローガンに記念式典が挙行されました。


江津商工会議所青年部(江津YEG)盆子原 健  会長あいさつ


歴代会長表彰


歴代会長代表あいさつ
平成21年度会長 飯田 勝英 様

 
江津YEG創立30周年記念事業『未来(ゆめ)ポスト』
10年前におくられた手紙やはがきが盆子原会長より江津郵便局へ託されました


江津YEG創立40周年記念事業紹介
『10年後の自分へ』

 記念式典終了後、会場をパレス和光へ移して盛大に開催された記念祝賀会へ参加しました。


盆子原 健 会長あいさつ(江津YEG)


中野 純 県連会長(益田YEG)乾杯のあいさつ

 

  

  終始賑やかな会場内で、江津YEGをはじめ他単会のメンバーとも深く交流をもつことができました。


実行委員長挨拶 滝田 恭久 委員長 (江津YEG)

 先輩方が繋げてこられた想いを、これからの未来を担っていく子どもたちや次世代のYEG会員に繋いで行こうという想いにあふれた素晴らしい周年事業でした。
江津YEGの皆様創立40周年誠におめでとうございます。

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project (ログイン