ただいまの益田YEG会員数 57

2011活動写真 uid000019_20110921195217522516b2.jpg 2 3 7
カテゴリ一覧
過去の記事
事務局

益田商工会議所内

〒698-0033
島根県益田市元町12−7

TEL(0856)22−0088
FAX(0856)23−4343

益田YEGニュース

去る3月17日(月)益田商工会議所3階大会議室におきまして、卒業証書授与式(3月例会)が開催されました。 

今年度は、(平野利久君・小川和富君 岡淳司君・深埼薫君・尾木泰造君・橋本隆幸君・与倉英利君)7名の先輩方が卒業されることとなりました。

答辞の中で先輩方がさまざまな青年部の思い出を振り返り、活動の中での人との出会いや仲間と共に地域に貢献できることのすばらしさ、また現役メンバーへ最後の熱いメッセージを残してくださいました。

今まで青年部を築いてくださった先輩方の礎を大切にし、青年部員一丸となって更なる飛躍を目指していきたいと思います。

総務委員会:古賀 賢   事業所:有限会社 さかえ商事

 去る、3月15(土)吉賀町交流研修センターにて商工団体青年部交流会が開催されました。

今年度は吉賀町商工会青年部主管のもと津和野町商工会青年部・美濃商工会青年部・益田商工会議所青年部と地域と共に活動するメンバー同士、お互い知った顔もあり和やかな雰囲気の中始まりました。また、吉賀町商工会の岩上会長様もご挨拶にこられました。

NPO法人 ゆうきびと 代表の福原圧史さんが講師となり「地域資源のブランド化戦略」という講演会を聞かせていただきました。日本での農業従事者の減少や耕作放棄地の増加、国内食料自給率の低下など日本を取り巻く危機的現状の話など興味深く聞かせていただきました。質疑応答では地域に根差したブランド化戦略の具体例を各事業所に例えるなど、活発な意見交換の場となりました。その後の懇親会では各青年部での今後の事業活動や、メンバー数の減少などそれぞれ抱える課題点など大いに語らい貴重な時間となりました。

 次回は益田での開催となりまた仲間と逢えることを楽しみにしています。

総務委員会:斎藤陽一 事業所:斎藤左官

去る3月1日土曜日に、長嶺会長と研修委員会の静間理事と藤井事務局と私の4名で、安来商工会議所で開催された「島根県商工会議所青年部連合会第3回連絡会議臨時役員総会」に出席しました。

県内のYEGが一堂に会する県連会議も今年最後とあって、卒業される先輩方も多数参加されていました。又、懇親会の場では26年度の新役員の方々も紹介されました。この度の県連会議が最後になる先輩方と会えなくなるのは少し寂しくもありましたが、新たな出会いもあり有意義な時間を過ごすことが出来ました。

平成25年度副会長:和田 誠  事業所:(有)誠和道路

 平成26年2月17日(月)、益田商工会議所3F大会議室において2月例会および今年度の事業報告会を開催されました。

例会セレモニーの後、平成26年度の中国ブロック大会を主管する安来YEGの皆さんが大会のPRにこられました。安来YEGの山崎会長が「どじょう掬い」を披露するなど安来らしさ溢れるPRが行われ、大会への熱い意気込みが伝わってきました。最後に全員でシュプレヒコールを行い安来YEGと益田YEGの気持ちを一つにしました。益田からも大勢参加して大会を一緒に盛り上げたいと思いました。
事業報告会では産業祭委員会、地域創造委員会、研修委員会、総務委員会と4つの委員会が今年度の主な活動内容の成果を発表し最後に執行部より報告がありました、一年間活動してきて見えてきた課題や反省点等を次年度へ引き継ぎ、更なる青年部活動の発展に繋げられるよう努力していきたいと感じました。
 
総務委員会:狩野 祐治  事業所:(有)インテリアときわ

 平成26年2月8日(土)、渡辺旅館にて西益田主管のもと益田商工会議所西益田支部青年部交流会が開催されました。

西益田青年部、篠原部長代理のご挨拶の後、益田YEG、長嶺会長の乾杯で始まり、和やかな雰囲気の中始まりました。また途中にはゲームなどがあり終始楽しく交流する事が出来ました。毎年交互に行われる交流会でもあり、また同じ益田市内で活動する仲間との歓談のひと時はとても有意義なものでした。

企画されました西益田支部商工会議所青年部の皆様大変ありがとうございました。

総務委員会 三上 裕盟 :事業所:?みのり商会

新入会員紹介

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
25年度総務委員会 2014-1-20 8:10

 この度、益田商工会議所青年部に入会しました株式会社サイクルセンターまつしまの松島将です。当社では、バイクは原付〜大型、自転車はスポーツバイク(ロード・クロス・MTB)・通学車・子供用自転車・電動自転車等、幅広く販売・整備をしております。

定期的にツーリングやサイクリング等のイベントを企画・実施して「売る」だけでなく「走る楽しみ」も提供しています。

今後、ますだ産業祭やさまざまな活動を通じて益田市の地域振興に貢献できるよう益田商工会議所青年部の一員として、私自身が生まれ育った益田市の発展の力になれるように頑張っていく所存です。よろしくお願い致します。
      総務委員会:松島 将  事業所:?サイクルセンターまつしま

年頭のご挨拶

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
25年度総務委員会 2014-1-1 0:10

 平成26年の新春を迎え、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中は、益田YEGの諸活動に対し、格別なるご支援、ご理解、ご協力を賜り深く感謝申し上げます。
我が国の経済は、立ち直りの兆しをみせているとの観測があります。しかしながら、少子高齢化、人口減少、エネルギー問題、疲弊する地方経済の立て直しなど、いまだ数多くの問題を抱えております。
我々を取り巻くのは厳しい経済環境ではありますが、益田YEGは諸先輩方が築いてこられた伝統を引き継ぎ、部員一人一人の力を合わせ、青年経済人として更なる資質向上と自己研鑽に取り組みながら、地域経済及び組織の活性化にむけ、活動しております。

全国に広がる約29,000名の青年部会員のネットワークを活用し、益田YEGならではの事業を行い、地域経済の発展の一翼を担う。また地域の力となれるよう行動していくことが、私たち青年経済人の責務であると考えております。

 本年も益田YEGは、地域に愛され、地域にとって必要不可欠な存在に近づけるよう、先を見据えながら活動してまいりますので、皆様方の温かいご支援、ご協力をお願い申し上げます。
この新しい年が地域の皆様方そして部員をはじめ関係各位の皆様方にとりまして、素晴らしい年になりますよう心からお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

平成25年度会長 長嶺博訓 事業所:有限会社サンフラワー

 去る、11月22、23日、熊本県水俣市にて第31回全国会長研修会が行われ、長嶺会長と林2名で参加しました。

 研修会では、各分科会に別れ、グループディスカッションにおいて、各単会の悩みや、次年度に懸ける思いなどを語り合いました。

水俣市は益田市に比べ小さな町ですが、このような1000人規模の研修会を開催するにあたり、大きなトラブルもなくスムーズな運営が出来ていたように感じました。また、益田において今後大きな大会を運営する機会があれば参考にしたい事も多々ありました。今回参加させていただき、次年度の思いがさらに高まり大変有意義な研修会となりました。
最後に、次年度会長を仰せつかり大変恐縮ではございますが、精一杯精進して参りますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

監事:林 智弘 事業所:林屋寿司店

 先日11月17日(日)に、平田商工会議所青年部設立35周年、記念式典・記念講演会・記念祝賀会へ、益田YEGより長嶺会長はじめ9名にて参加してまいりました。

記念式典・記念講演会は出雲市立平田学習館で行われ、多数のご来賓ご臨席の元、粛々と行われました。30周年以降5年間の活動が発表され、改めて平田YEGのスケールの大きさに驚かされました。
記念講演会では、スポーツジャーナリストの中西哲生氏による「フィールドから見渡した世界」と題し、トップアスリートの心の持ち方などのお話を楽しく拝聴させていただきました。
記念祝賀会は、会場をホテルほり江に移して行われ賑やかで楽しい祝賀会でした。

 最後に平田の35周年に出席された部員のみなさま大変お疲れ様でした。

総務委員会:草野 淳 事業所:株式会社タイピック

 去る11月18日(月)、商工会議所3階大会議室において11月例会・臨時総会が開催されました。例会セレモニーの後、議長を長嶺会長が務め、第1号議案、次年度役員の選任を行い、平成26年度の理事20名、監事2名を選出しました。また、次年度会長予定者に林智弘君、次年度副会長予定者に、田中芳和君、濱田高綱君、西村満大君が選任され、滞りなく終了しました。今年度の事業もまだまだあり、次年度へより良い引き継ぎが出来る様に邁進していきたいと思います。

今回決定した次年度役員
●理事
大谷 卓  栗本 正美  斉藤 陽一  城市 眞嗣  田城 昇  田中 芳和
田原 亮輔  西村 満大  濱田 高綱  林 智弘  平井 健  藤山 智和
松本 慎吾  間庭 亮  三浦 充弘  宮地 幸浩  椋木 和貞  森 光
森下 雅人  渡辺 賢世
以上 20名
 ●監事
 寺戸 輝久  和田 誠
以上  2名

総務委員会:池田 知久  事業所:(有)ドレミ

Copyright ©益田商工会議所青年部(益田YEG).All Rights Reserved. (ログイン