ただいまの益田YEG会員数 36名

1.jpg uid000066_20170620175303d059112a.jpg uid000066_20170910160740c9222f7d.jpg uid000066_20170925155917f4fa36a4.jpg uid000066_201712271826208b27838c.jpg
カテゴリ一覧
過去の記事
事務局

益田商工会議所内

〒698-0033
島根県益田市元町12−7

TEL(0856)22−0088
FAX(0856)23−4343

E-mail:yeg@masudacci.jp

益田YEGニュース

 令和4年3月15日(火)益田商工会議所3階大会議室にて令和3年度3月例会・卒業証書授与式を挙行しました。

会長挨拶

令和3年度益田商工会議所青年部会長 田原 亮輔

 

 未だ続くコロナ禍で感染症対策を徹底しながら今年度卒業者の栗本正美部員、橋目昌典部員、吉村健太郎部員、森光部員、田城昇部員、原秀和部員の6名を送り出すことができました。

  

  

  

 卒業される6名は担ってこられた役割や在籍年数の長さなど青年部内での存在は大きい方々でした。
残る部員にとってその先輩方と過ごし得た経験は、まだ多くの制限がある活動の中で大事な教訓となり糧となるものと思います。


青年部送辞

 

         栗本 正美部員                     橋目 昌典部員

 

         吉村 健太郎部員                      森 光部員  

 

          田城 昇部員                          原 秀和部員

 結びにご卒業される皆様の今後益々のご活躍とご健康をお祈りすると共に、今年度益田商工会議所青年部へのご支援・ご協力いただきました皆様にお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

 

 

 令和4年3月5日(土)、令和3年度島根県商工会議所青年部連合会第3回連絡会議・臨時役員総会が大田商工会議所青年部の主管により大田商工会館 3階会議室において開催され、益田YEGから田原会長・大谷筆頭副会長、中岡委員長、大庭事務局の4名で参加しました。

 

 連絡会議ではこの後の臨時役員総会議事について協議され、臨時役員総会では岡拓郎県連会長の挨拶の後、議事では全ての議案が承認されました。報告事項では後長出向理事より日本YEG出向理事報告があり、中国ブロック商工会議所青年部連合会委員会出向者及び副委員長についての報告、各単会活動報告がありました。益田YEGからは田原会長より第35回ますだ産業祭、益田のうまいテイクアウト、エンジョイワーケーションの事業説明がありました。そして松江YEG藤井浩太郎 次年度県連会長予定者より挨拶がありました。 

 その後は数グループに分かれ、避難所運営ゲームを行いました。様々な条件を持ちながら次々と訪れる避難者をいかに効率よく収容出来るかというもので、情報処理や情報報判断、チームワークがとても大切だと感じながら、積極的にゲームに取り組みました。
今年度、岡県連会長が掲げられたスローガン「島根はひとつをモットーに日進月歩」の通り活動して参りました。コロナウイルス感染拡大により、各単会共に苦労が多かったと思いますが、良い経験と活動をすることが出来ました。本年度ももうすぐ終わりに近づきますが次年度へ向け絶えず進歩してくことが大切だと改めて感じました。

 最後になりますが、主管された大田YEGの皆さまに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


 

令和3年度2月例会開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
2021年度総務委員会 2022/2/22 17:37

 令和4年2月21日(月) 益田商工会議所3階大会議室において、2月例会を現地参加とリモート参加のハイブリッド形式で開催しました。

会長挨拶

 

例会セレモニー後に行われた事業報告会では執行部・監事、総務広報委員会、記念事業委員会、産業祭委員会、中国ブロック大会準備室、会員拡大強化室が今年度の活動内容と成果を発表しました。
 
 
         執行部・監事                  総務広報委員会 
 
         記念事業委員会                 産業祭委員会
 
       中国ブロック大会準備室               会員拡大強化室
 
 
各委員会の活動を振り返り、コロナ禍で多くの制限がありながらも青年部が一体となり事業を行うことが出来たと感じました。
今年度まだ終わっていない事業もありますが、反省点はしっかりと引継ぎをして、経験したことを次年度以降に活かせるように最後まで活動してまいります。
 

令和4216日(水)ZOOMオンラインにて、新入会員研修会(後期)を開催しました。

リーダーシップとチームワークの構築を学ぶ研修として、今年度新入会員2名を模擬委員長とし、2つの委員会を設定し参加者と各グループに分かれて「中国ブロック益田大会において益田の魅力を発信できる分科会」の考案を行いました。
 
 

各委員会とも建設的な話し合いができ委員会形成の重要性を知ること、リーダーシップを発揮する難しさ、意見をまとめる難しさを学ぶことができたと思います。またオブザーバー参加の部員においても、1人1人が意見を持ち、議論を活性化することでより良い意見が出ることを改めて実感できた研修でした。今後も様々な青年部活動において活発な意見を出し合い、益田YEGの活動を盛り上げていきたいと思います。

   去る令和4年1月17日(月)、1月例会にて、グループワーク研修会「野球のポジション当てゲーム」を実施しました。4~6人のグループに分かれ、与えられるヒントをもとに制限時間内に正解を導く、協力型の論理ゲームです。今般のコロナ禍において部員同士のコミュニケーションが減少していることを踏まえ、協力して問題解決をすることの大切さを実感すべく企画されました。

 

 今回は完全オンラインによる実施のため、ZOOM上でブレイクアウトルームを作成してグループを作り、各自に3~4枚ずつ、断片的な情報が記されたカードを配りました。カードの情報は他のメンバーに見せてはならず、あくまで口頭にて情報交換を行い、どの選手がどのポジションについているのか、30分の制限時間以内に正解へたどり着く必要がありました。

 

 手元に表を作るなどして一生懸命取り組みましたが大変難しく、対面でのコミュニケーションの重要性を改めて認識しました。今後もオンラインによる会議が多いと想像しますが、今回の経験を役立てたいと考えています。皆様もぜひ機会があれば「野球のポジション当てゲーム」にチャレンジしてみてください!

 

去る12月20日(月)と1月17日(月)に益田商工会議所3階大会議室及びオンライン開催にて令和3年度12月、1月例会・臨時総会を開催しました。

 

例会セレモニー後、議長を田原会長が務めた臨時総会では、第1号議案として次年度役員の選任を行い令和4年度の理事17名と監事2名を選出、併せて「規約の改正」「特別会費・賛助会員設置」の議案が満場一致で承認されました。

 

また次年度副会長予定者に岡部倫弘君、中岡正道君、森下雅人君の選任が次年度会長予定者の大谷卓君より発表され滞りなく終了しました。

 

今年度も残すところわずかですが、次年度へより良い引継ぎができるよう邁進していきたいと思います。

 

 

〈次年度役員〉

 

〈理事〉大谷 卓  大畑友幸  岡部倫弘  狩野祐治  吉川直希

    蔵本晶夫  河野克美  小林宏彰  鹿野智資  城市 宙

    田原慎一郎 寺戸大輔  寺戸孝幸  中岡正道  永見勇大

    能地真志  森下雅人 (以上17名)

 

〈監事〉伏谷季敏  渡辺賢世 (以上2名

新年のご挨拶

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
2021年度総務委員会 2022/1/1 0:00


新年のご挨拶

 

令和3年度会長:田原 亮輔  事業所:有限会社三浦グリーンガーデン

 

 年頭にあたり謹んで初春のお慶びを申し上げますとともに、新年のご挨拶を申し上げます。
   旧年中は益田商工会議所青年部(益田YEG)の事業活動に対しまして多くの皆様に格別なるご支援とご協力を賜りましたことに、衷心より深く感謝し厚く御礼申し上げます。
   さて、令和元年末に存在が認知された新型コロナウイルスは変異を重ね感染者の増加・減少の波を繰り返しながら我々の目の前に今もなお立ち塞がっています。年度当初は感染拡大も収束に向かい事業に影響しないだろうと楽観視していましたが、5月に第4波、8月には第5波が襲来し爆発的な感染拡大を引き起こしました。そのため、10月に開催予定であった創立40周年記念式典・祝賀会を苦渋の決断ではありましたが中止としました。
   しかし今年度掲げたスローガン
前へ。前へ。~「過去」を温ね、「今」行動し、輝く「未来」を切り拓こう!~
を胸に、青年経済人として、決して後ろを向くことなく創意と工夫、勇気と情熱を傾け前へ前へと突き進んでまいりました。11月14日には出店者、イベント出演者、ボランティアの皆様とともに「第35回ますだ産業祭」を現地開催×オンライン開催という新たな形で盛大に開催し来場された皆様に地域の商工業・農林水産業の魅力を発信することができました。その他現在進行中ではありますが、40周年記念事業として、テイクアウトを展開している飲食店に向けて市民の消費喚起を促し市内飲食店の活性化を推進するよう企画した「MASUDAの美味い!TAKE OUT!」。萩・石見空港利用促進事業として、感染収束後を想定し、新しい生活様式に沿ったワーケーションや観光プロモーションを軸とした航空需要回復の一助となるよう企画した「萩・石見空港エンジョイワーケーション」など様々な事業に取り組んでいます。
   今年度も残り3か月となりましたが、益田YEGはこのような「今」だからこそ積極的に行動し、柔軟に変化し、前へ前へと歩を進め、時代の先導者として次の世代へ輝く「未来」を与えられるよう邁進し、地域に愛され時代に求められる魅力ある団体へと進化していきますので、皆様におかれましては、今後も私どもの活動に対しまして旧に倍するご理解とご協力、また厳しくも温かいご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
   結びに、本年が皆様にとりましてより良き年になるよう、また新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束を心より祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

令和3年度11月例会開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
2021年度総務委員会 2021/11/25 11:10

 令和3年11月22日(月)、益田商工会議所3階大会議室において11月例会を開催しました。

会長挨拶

 

         倉吉YEG                     井原YEG

 

例会セレモニー終了後、倉吉商工会議所青年部(以下倉吉YEG)より、令和2年度日本商工会議所青年部(以下日本YEG)中国ブロック代表理事 湯村 大介様、令和元年度日本YEG中国ブロック鳥取県連代表理事 田栗 信昭様、令和3年度倉吉YEG会長 長谷川 裕通様、井原商工会議所青年部(以下井原YEG)より、令和3年度日本YEG中国ブロック代表理事・井原YEG会長 乘藤 昭範様、日本YEG第39回中国ブロック大会井原大会 大会会長 細羽 昌彦様、令和3年度井原YEG総務広報委員会 笹井 康久様を迎え、中国ブロック大会を主催・主管で執り行った運営方法や分科会、PVについて工夫した点、苦労した・大変だった事等のエピソードを拝聴し、グループディスカッションにてブロック大会開催に関して質疑を考えお答えいただきました。

 

 

 

いよいよ3年後に益田市で開催が予定されている中国ブロック大会益田大会に向け益田商工会議所青年部一同にとって大変有意義な時間になりました。
ご多用の中ご講義頂きました、倉吉YEG湯村様、田栗様、長谷川様 井原YEG乘藤様、細羽様、笹井様誠にありがとうございました。

 昭和56年5月、43人の熱き志を共有する同志たちにより産声をあげた益田商工会議所青年部は今年度、創立40周年を迎えることとなりました。
40年周年を迎えることが出来たのも、歴代会長をはじめとする諸先輩方のご尽力と地域の皆様のご理解ご協力によるものと心より感謝するとともに、厚く御礼申し上げます。
その想いで益田商工会議所青年部創立40記念動画作成致しました。
本来であれば益田商工会議所青年部創立40周年記念式典のオープニングにて流す予定でございましたが、残念ながら新型コロナウイルス感染症感染拡大により中止となり寂しい思いを致しましたがこうして皆様に見てもらえる事になり嬉しく思います。
是非ご覧ください!
https://www.youtube.com/watch?v=tn4RC5iUkwY&t=2s

 令和3年11月13日(土)、令和3年度島根県商工会議所青年部連合会第2回連絡会議・講演会が大田商工会議所青年部の主管により大田商工会館 2階会議室において開催され、益田YEGからは翌日に第35回ますだ産業祭の開催を控えていたため田原会長・大庭事務局の2名で参加しました。
連絡会議に先立ち、岡 拓朗県連会長より「第1回連絡会議・通常役員総会は完全オンラインでの開催となったが、今回は対面で会議ができ非常に嬉しく思う。現在新型コロナウイルスの感染拡大は落ち着いているが、完全に終息しているわけではない。青年経済人として今出来ることをしっかりと考え島根県連一丸となって地域の為に共に活動していこう」と挨拶があり、大変共感しました。

 連絡会議では協議事項として
?中国ブロック商工会議所青年部連合会委員会出向について
?島根県青連災害対策規定について
協議が行われました。
また、報告事項では島根県連代表理事後長賢治代表理事より日本YEG出向理事報告が行われました。
 

連絡会議終了後、株式会社ラフデッサン代表取締役キムラ ミキ様による「アフターコロナも伸びゆくために」と題した講演会が開催されました。キムラ様は米子YEGの現役メンバーで令和元年度には会長職も経験されています。その中で国内企業の成功例を紹介され、それを基に事業アイデアの発見軸として「導入・合体」「分離・分割」「蘇生・復活」「変更・転用」「輸入・輸出」を5つのキーワードに分類し自企業の事業アイデアに結び付けるグループディスカッションを行いました。アフターコロナに向かって様々な角度から考えることによってどのように自企業の発展に繋げていけば良いか学ぶことができ、非常に有意義な講演会となりました。

 今回の連絡会議・講演会を通して、今年度、岡県連会長が掲げられたスローガン「島根はひとつをモットーに日進月歩」の通り我々青年経済人は現状に満足することなく日に、日に絶えず進歩していくことが大切だと改めて感じました。

 最後になりますが、主管された大田YEGの皆さまに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

第35回ますだ産業祭開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
2021年度総務委員会 2021/11/16 21:09

 令和3年11月14日(日)、益田商工会議所青年部(以下益田YEG)主催「第35回ますだ産業祭」を島根県立万葉公園太陽の広場にて開催しました。
第35回ますだ産業祭は例年とは違い新型コロナウイルス感染症対策を行いながらの開催、益田市圏域の方に制限、オンライン登録した方のみの入場、入場時の検温や消毒、ソーシャルディスタンスなど多くの制限を設けさせて頂きましたが、皆様のご支援・ご協力により事故やトラブルなどもなく、また天気にも大いに恵まれご来場いただきました皆様には楽しんで頂けたと存じます。

益田東中学校吹奏楽部による素敵なメロディーでスタートした第35回ますだ産業祭!

オープニングセレモニー。令和3年度産業祭委員長の中岡による開催の挨拶。

益田市長 山本浩章様、益田商工会議所会頭 松永和平様よりご祝辞を頂きました。

 

 ステージ会場ではフラダンス、フリースタイルダンス、大正琴や企業PRタイムなどを開催しました。また、益田市ご当地アイドルPrecious(プレシャス)も産業祭を盛り上げてくれました!

     

 駐車場会場では、パトカーや消防車、大型重機などがあり子供たちも普段は中々間近で見ることが出来ない部分などに興味深々な様子でした。
他にも益田市観光交流課にもご協力を頂き、益田市がキャンプ地として選ばれたパラリンピックアイルランド自転車チーム寄贈の手漕ぎタイプの自転車体験、オリンピックトーチとの記念撮影などがありました。

    

     

 藤棚前でのわいわい村は射的と輪投げを行い、子供から大人まで幅広く楽しまれていました。スポーツイベントではストラックアウトやバスケットボールのフリースロー、サッカーでは中国サッカーリーグ所属ベルガロッソ浜田の方々によるサッカーボウリングなど様々な催しを行いました。また終日にわたって高津神楽社中さんによる石見神楽を舞っていただき、迫力の演技に大いに盛り上がりました。益田東高校神楽部の皆様もステージで見事な舞を披露しました。

    

 本当に多くの方にご来場していただきました。新型コロナウイルス感染症の流行で益田のイベントや祭りの多くが中止になり、寂しい期間が長かった分ご来場いただきました皆様、関係者、ボランティア頂いた方々と共に産業祭を開催できたことは感謝しかありません。
益田の明るい未来を、そして益々の産業の発展を目指し益田YEG一同一所懸命頑張りますので今後ともよろしくお願いいたします。


 

 

 10月25日(月)益田商工会議所3F大会議室にて第35回ますだ産業祭説明会が開催されました。

 

           説明会の様子              産業祭委員会 中岡委員長

 

4月当初から積み上げてきた各イベント・会場設営・前日、当日のスケジュール・人員配置等の説明が各担当からありました。

    

  

 

 

 例年であれば、会場を移しての決起大会を行うところですがコロナウイルス感染予防対策として今年は中止致しました。


最後になりますが、ご後援、ご協賛いただきました各企業の皆様本当にありがとうございます。今年のますだ産業祭は去年中止となり2年越しに開催される産業祭でございます。心も新たに益田YEG一丸となり、スローガンに掲げた

『よしっ!やろう! ますだの未来のために』

のもと、益田の産業、企業を地域全体で盛り上げ新たな益田に向けて踏み出すことができるよう、精一杯取り組みます!どうぞよろしくお願いいたします。

 

ますだ産業祭

カテゴリ : 
イベント案内
執筆 : 
2021年度総務委員会 2021/10/27 10:55

 毎年恒例のますだ産業祭を今年も開催します!

お陰様で35回目を迎えました。

今年はなんと、現地(リアル)×オンライン

ハイブリッド開催いたします!!!

 

今年も皆様のご来場お待ちしております。

現地開催日:令和3年11月14日(日)9:00〜15:30 雨天決行

場 所:島根県立万葉公園

    オンラインでの開催も行います。

    https://msdfes.jp/

主 催:益田商工会議所青年部

 令和31016日に岡山県井原市にて、第39回中国ブロック大会ぼっけーええでいばら大会が開催されました。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、残念ながら記念式典の現地参加については各単会2名までとなり、益田YEGからは田原会長のみの参加となり、その他は完全オンラインでの参加となりました。

実行委員長開会宣言

 

ブロック旗入場

 

中国ブロックYEG会長挨拶

 

 日本YEG会長

 

 

 青空が広がる中世夢が原にて行われた記念式典は、井原YEGさんならではの趣向が見られ、日本YEGの吉川会長もあいさつで「晴天の中、屋外で挨拶することは初めての事であり、とても清々しい思いである」と述べられておりました。

 

 分科会や物産展についても、インターネット経由で井原市の魅力がふんだんに盛り込まれた内容が配信されていました。

         

    第2分科会(オンライン)の様子        第3分科会(オンライン)の様子

 

 

   

    第4分科会(オンライン)の様子         第6分科会(オンライン)の様子

 

 

 今回はオンラインでの参加ではありましたが、井原YEGの皆様の様々な趣向を感じ取り、今後の青年部活動に役立てていけるよう青年部一同邁進していきたいと思います。

 大会に際して主管された井原YEGの皆様ありがとうございました。

 9月21日(火)益田商工会議所3階大会議室およびZoom(オンライン)において臨時総会並びに9月例会を開催しました。

 会長あいさつでは、40周年記念式典を断腸の思いで中止の決断をしたこと、綱領指針というYEGの正義のもと産業祭、記念事業を万全の対策で行うこと、地域の先導者として前向きに活動しようと述べられました。


会長あいさつ
令和3年度会長 田原 亮輔


臨時総会では議長を田原会長が務め、第1号議案 次年度会長選任 について今年度筆頭副会長 大谷卓部員(事業所:有限会社 セゾングループ)が選考委員会にて選任され、次年度会長予定者として賛成多数で承認されました。


令和4年度会長予定者 大谷 卓
 

 臨時総会後の9月例会では、「アンガーマネジメント基礎研修 今日からできる『怒りと向き合う』トレーニング」をテーマに「怒り」と上手に付き合い、円滑な人間関係を構築させる方法を学ぶことを目的に研修会を行いました。

 講師はアンガーマネジメントファシリテーターの資格を持つ寺戸大輔部員(事業所:有限会社千代田企画)が務め、怒りの発生の仕組みから上手に怒り、怒る必要のない場面では怒らなくて済むようなトレーニング方法の基礎を講演頂きました。


講師あいさつ
益田商工会議所青年部 寺戸 大輔 部員

 

 

 

 怒りと向き合い数値化し客観視することで怒りをコントロールし、不必要な怒りが人や物へ向かわないようにすることを学びました。また、この研修を通して自身の怒りと向き合うことの大切さを部員一人一人が感じる良い機会となったと思います。 

 令和3年9月8日(水)、Zoomを利用した完全オンラインにて、今年度入会した新入会員3名を対象に新入会員研修会(前期)を開催しました。


会長挨拶 令和3年度会長 田原 亮輔
 

 前期講習会では「青年部規約の解説及び過去の青年部の活動についての講習」と題し、伏谷季敏直前会長を講師に商工会議所とは、青年部とは、益田の規約や組織図、事業実施の流れなどについて資料や映像を画面をシェアしながら講習を行いました。

 

 新入会員にとっては今まで点であったことが線となり、既存会員にとってはあやふやに覚えていたことがしっかり確認できたいい機会となりました。
今回学んだことを基本に豊かで住みよい郷土づくりへこれからも貢献してまいりたいと思います。

先日、公開しました「第35回ますだ産業出店者募集のご案内」記事の補足記事です。

 本年度は新型コロナウイルス感染拡大の現状を考慮し、現地及びオンラインとのハイブリッド開催を計画しております。地域内外へ向け、自社PR、地域産品の周知及び販路拡大、UIターン促進等、地域産業の振興・発展のため新たな試みに挑戦します。

  つきましては、下記のとおり、第35回『ますだ産業祭』のオンライン出店について募集いたします。多くの企業・団体の皆さまにご参加頂きますようお願いします。


出店締切 : 令和3年10月 8日(金)

出店者会議 : 和3年10月14日(木)13:00〜

出展期間  : 令和3年10月31日(日)〜令和3年11月30日(月)

会  場  : ますだ産業祭特設サイト(オンライン内)


●出展要項・オンライン出展申込書のダウンロードはこちら

※現地での出店とオンライン出展では申込用紙が異なります。ご注意ください。

 

昨年のますだ産業祭は新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し中止と致しましたが、例年、皆様の多大なるご支援、ご協力をいただいていることに心よりお礼申し上げます。

『ますだ産業祭』も本年で35回を迎える運びとなりました。益田の豊かな自然や歴史、文化を未来の子供たちに伝承しつつ、地域産業の振興・発展のため、地域一体となり情熱をもって企画・運営してまいります。

郷土愛を育み、一人一人が地域の課題を考え積極的に行動し、挑戦する。その中での人との出会いや繋がりで生まれる大きな力を集結し、地方創生の一助となるよう、また、地域と協働し、地域一体となって取組むため

『よしっ!やろう!ますだの未来のために』

をスローガンにかかげ、下記の通り開催する運びとなりました。

つきましては、第35回『ますだ産業祭』の開催に際し、貴会に出店(展)のご協力を賜りたく、ここにお願い申し上げます。

 

出店締切 : 令和3年10月 8日(金)

出店者会議 : 和3年10月14日(木)13:00〜

開催日時  : 令和3年11月14日(日)9:00〜15:30 ※雨天決行

会  場  : 益田市高津町イ2401−1 島根県立万葉公園

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から本年度は会場を万葉公園に変更し、密になりにくい会場作り、入場時の検温、マスク着用、消毒等ウイルス対策を行いながらの開催となります。ご理解ご協力をお願いします。

また状況によっては酒類提供の制限を設ける場合もあります。

●出店要項・応募用紙のダウンロードはこちら

 8月23日(月)、令和3年度臨時総会及び8月例会を完全オンライン(ZOOM)にて執り行いました。 

 例会セレモニーの会長挨拶では、「新型コロナウイルスの猛威は想定外、そんな中執行部に支えられ何とか会長としての職務が出来ている。皆さんは委員長を支えられているでしょうか?仲間同士で支え合って一致団結でコロナに立ち向かい行動していこう。」と述べられました。

  

田原会長挨拶

  例会セレモニー終了後には、令和3年度臨時総会を執り行いました。議長を田原会長が務め、第1号議案 令和3年度産業祭特別会計収支補正予算(案)について賛成多数にて承認されました。ZOOMでの臨時総会は初めての事でしたが、リアクション機能を利用し、質疑や決議を行うなどリモートならではの方法でした。 

 臨時総会決議の様子 

 臨時総会終了後、「益田商工会議所青年部(以下益田YEG)事業振返り」を行いました。趣旨説明で森下委員長は、「過去10年をメインに、萩石見空港利用促進事業、対外事業などを振返り今後の事業を行う際のヒントに、また入会してまだ間もない部員も増えてきたので委員長になった際の参考になれば。」と述べられました。 

 

森下委員長趣旨説明

  

  

   

益田YEG事業振返りの様子

  各部員の委員長時にどういう思いで事業を行ったか、大変だった事、得られた事など普段聞くことが中々ない話が聞け、とても有意義な時間になりました。質疑応答では質問や感想などもあり、実りある益田YEG事業振返りになりました。

 7月31日(土)石見四市商工会議所青年部交流会を益田市ひだまりパークみとにて益田YEG主管で開催しました。
当日は茹だるような暑さ(;´Д`)
開会式では主管会長である田原亮輔君より「今日は太陽も皆様を出迎えてくれた。無理をせず楽しんで欲しい。」とあいさつがあり、続いて担当委員長あいさつ、ルール説明があり会長4人による始球式でグランドゴルフ大会がスタート。


開会式


主管YEG会長あいさつ
益田YEG令和3年度会長 田原亮輔

 
担当委員長あいさつ                ルール説明
記念事業委員会委員長 森下雅人        記念事業委員会副委員長 市原崇敬

始球式
大田YEG安藤孝文会長、江津YEG金村雅之会長、浜田YEG佐々木貴裕会長、益田YEG田原亮輔会長

 

 いやぁ〜ほんとに暑かった(;´Д`)7組でチーム戦と個人戦で競い合いました



プレー中の様子

 プレー終了後表彰式、各単会PRを行い、江津YEG金村雅之会長が「今頑張る我々に、未来の我々は感謝する!」と締められ、会は賑やかなまま終了しました。

 コロナ禍、そして猛暑の中の交流会でしたが、各単会の状況や制限の多い中での事業計画の工夫なども聴くこともでき、良い刺激を受けることができました。
結びになりますが、大田YEG、江津YEG、浜田YEGのみなさまご多用の中、益田市までお越しいただきありがとうございました。

 

 この度、益田商工会議所青年部に入会致しました、株式会社益田クッキングフーズの和田直登と申します。
弊社は、仕出し弁当の製造と配達業務に加え、学校給食業務や中国電力様の寮の管理等、幅広く事業をさせて頂いております。
弊社の企業理念の1つに「食を通じて健康に奉仕する」というものがございますが、そのこだわりとして、出汁は一番だしからコストをかけて作り、出来る限り添加物を含まない食材を利用する様に努め、栄養士による毎日食べても飽きないメニュー作り、カロリー計算を徹底しております。
YEGの活動を通して、弊社のこだわりを市民の皆さんに知って頂き、より多くの安心安全な食事を提供できれば、結果として市民の皆様の健康寿命を延ばす事に繋がり、益田市の底力を上げる事に貢献できると確信しております。
日々自己成長に努め、益田YEGと益田市の発展に貢献して参る所存ですので、どうぞ宜しくお願い致します。

 
総務広報委員会 和田 直登 事業所:株式会社益田クッキングフーズ

令和3年度7月例会開催

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
2021年度総務委員会 2021/7/24 1:49

 7月19日(月)7月例会を完全オンライン(Zoom)にて開催しました。


会長あいさつ
令和3年度会長 田原亮輔

 例会セレモニー終了後「今後有効と考えられる会員拡大の手法や新入会員のサポート体制について」をテーマにディスカッションを行いました。
始めに、本年度より新たに設置された会員拡大強化室の柳田室長より趣旨説明と会員拡大についての事前アンケートの集計報告がありました。


会員拡大強化室 室長 柳田 晴治

 ブレイクアウトルームを活用し4グループに分れて、ディスカッションを行いました。
益田YEGの魅力、入会のメリット、益田YEGが目指すべき未来について会員皆で再確認し共有することにより、現会員の会員拡大への意識を高めることを目的とし、活発なディスカッションが繰り広げられました。


グループディスカッションの様子

グループディスカッション終了後、各グループの代表者が感想を述べ終了しました。

 
A:栗本正美部員         B:大谷宏明部員

  
C:曽田健斗部員         D:森下雅人部員

 多くの諸団体の例に漏れず益田YEGも会員拡大が喫緊の課題となっています。ディスカッション内容また、事前アンケートを集約し共有することで今後の会員拡大に活かしていきます。

 

会員募集のご案内!!

益田商工会議所青年部(益田YEG)では一緒に活動していただける仲間を随時募集しております。
お気軽に益田商工会議所までお問い合わせ下さい!!


 

 

 

 

 令和3年6月26日(土)、令和3年度島根県商工会議所青年部連合会 第1回連絡会議・通常役員総会がオンライン(Zoom)で開催されました。このたびはZoomの混雑を避けるために、今年度県青連役員並びに各単会事務局、次年度県青連役員予定者のみの参加で行われました。主な議案として今年度事業計画並びに事業予算などがあり、質問や提案など多くの意見が交わされ、オンラインではありますが活発な会議となりました。

 去る6月21日(月)、新入会員式、6月例会並びに令和6年度に開催予定の中国ブロック大会益田大会説明会を開催しました。新型コロナウイルス感染予防対策のため、前回の例会では現地参加とリモート参加のハイブリッド形式で行いましたが今回は初めてすべてをZOOM上で行う完全リモートでの開催となりました。

 

 はじめに新入会員入会式が開催し、新たに1名の仲間を迎えることとなりました。自己紹介ではこれからの青年部活動への抱負や思いを語ってくれました。 

 

 例会セレモニーの会長挨拶では田原会長より「新型コロナウイルス感染症(新型コロナウイルス)により活動を行うことが難しくなっている。しかし、やめることストップすることは簡単だがそれが成長につながるのか?今後生かされるか?今、積極的に活動することに賛否はあるが、地域とともに暮らしている青年経済人として、先導して行動する姿を見てもらいYEGのイメージ向上につなげよう」と思いを述べられました。

                      

     

ZOOM上での例会の様子

 例会セレモニー終了後、中国ブロック大会益田大会説明会を開催しました。中国ブロック大会準備室より中国ブロック大会の目的や予算、4役の役割や今後のスケジュールなど事細かに説明がありました。40年毎に担当することが通例のため、現役部員は誰もが企画・運営の経験がなく最後の質疑応答では活発な意見が飛びかい大会開催に向け意識が高まりました。
 

室紹介(会員拡大強化室)

カテゴリ : 
活動報告
執筆 : 
2021年度総務委員会 2021/6/22 15:02

 会員拡大強化室では、益田市の多くの方々に益田商工会議所青年部の魅力を発信し、そして私たちと一緒に活動していただく仲間を募集します。入会後も楽しく活動できるようしっかりとサポートをさせていただきます。
さあ益田YEGの扉を開きましょう!

令和3年度会員拡大強化室室長 柳田 晴治 事業所:(有)花柳園

 令和6年度 日本商工会議所青年部 第42回中国ブロック大会益田大会開催に向け、様々な調査を進め協議します。また、部員の意識向上を図る取り組みを企画・運営し、部員相互に納得のいく活路を見出していきます。

令和3年度中国ブロック大会準備室室長 大谷 卓 事業所:(有)セゾングループ

 この度、益田商工会議所青年部に入会しました、安野産業株式会社の小林宏彰と申します。
弊社は、木材の製材・チップ製造・山林の売買や、建設資材・自動車部品・タイヤ等の卸売、土木工事(法面保護工事)などの業務を行っております。
青年部の活動を通じ、益田市のさらなる発展に寄与できるよう、皆様の教えを乞いながら努力して参りたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

                           

                       産業祭委員会 小林 宏彰 事業所:安野産業株式会社


 

 この度、益田商工会議所青年部に入会しました、石西トーヨー販売株式会社の曽田健斗です。
弊社では主にLIXIL商材の販売を行っております。
青年部での様々な活動を通して、沢山の方々との交流で多くの刺激を頂き、私自身も成長していきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

                           

                   産業祭委員会 曽田 健斗 事業所:石西トーヨー販売株式会社

 去る5月31日(月)、益田商工会議所3階大会議室にて新入会員入会式、5月例会並びに事業説明会を感染予防対策実施の上開催しました。本来であれば5月中旬を予定しておりましたが昨今の益田市の感染状況を踏まえ延期となり、また当日開催に際し現地参加とZOOMミーティング機能を使ったリモート参加のハイブリッド形式での初めての開催になりました。 

 

 はじめに新入会員入会式が執り行われ、新たに2名の仲間を迎えることとなりました。自己紹介ではこれからの青年部活動への抱負や思いを語ってくれました。 

 

 例会セレモニーの会長挨拶では田原会長より「新型コロナウイルス感染症(新型コロナウイルス)拡大により益田市でもゴールデンウィーク以降状況が一変してしまった。しかし我々は青年経済人として歩みを止めず、益田市の為に何ができるか常に考えて行動していこう」と思いを述べられました。 

   

          執行部                      総務広報委員会       

    

         記念事業委員会                 産業祭委員会         

    

       中国ブロック大会準備室               会員拡大強化室    

 例会セレモニー終了後、事業説明会を開催しました。今年度は、総務広報委員会・記念事業委員会・産業祭委員会の3つの委員会に加えて、中国ブロック大会準備室と会員拡大強化室の2つの室を設け、事業を行ってまいります。各委員長及び室長による事業説明では、今年度も新型コロナウイルスの影響で思うように事業が行われるか不透明な部分がある中で益田市を盛り上げ前へ前へと歩を進めようという思いを強く感じる説明会となりました。 

 

リモート参加の様子 

 

 益田商工会議所青年部一同、この様々な変化が求められる中「今」行動し、輝く「未来」に向かって青年部活動を精進してまいります。 

 昨年度に引き続き、産業祭委員会委員長を務めさせて頂きます、太陽温調工業有限会社の中岡正道と申します。 

昨年の『ますだ産業祭』は新型コロナウイルス感染症拡大の状況を考慮し中止と致しましたが、例年皆様の多大なるご支援、ご協力を頂いていること心よりお礼申し上げます。 

 『ますだ産業祭』は本年で35回を迎える運びとなりました。未だ新型コロナウイルス感染症収束の見通しが不透明な中ではありますが、益田の豊かな自然や歴史、文化を未来の子供たちに伝承しつつ、地域産業の振興・発展のため今できることを考え、行動し、再び地域と一体となり益田を盛り上げて行けるよう、益田YEG一丸となり活動してまいります。1年間どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

令和3年度産業祭委員会 委員長 中岡 正道  事業所:太陽温調工業有限会社

  令和3年度、記念事業委員会委員長を務めさせていただきます萩テレビ株式会社益田局ひとまろビジョンの森下雅人と申します。 

今年度は益田商工会議所青年部創立40周年を迎えます。記念事業委員会は創立40周年共有スローガン「輝跡(きせき)の先へ〜歩みを止めず突き進め〜」のもと、益田の元気を広く届けられるような、萩・石見空港利用促進事業を始め記念事業を企画してまいります。昨年度は新型コロナウイルスの影響で思うように活動できず悔しい思いをしましたが、ここで立ち止まらず令和3年度益田YEGスローガンにも掲げられている、輝く「未来」に向かって益田YEG一丸となり突き進んでまいります。1年間どうぞよろしくお願い致します。 

      令和3年度記念事業委員会 委員長 森下 雅人  事業所:萩テレビ株式会社益田局ひとまろビジョン 

 

 今年度、総務広報委員会の委員長を務めます、株式会社サイクルセンターまつしまの松島将と申します。 

 総務広報委員会では、総会や執行部のサポートなど青年部の運営を円滑にするための総務事業と活動報告やPR等をホームページやFacebookなどの活用によって発信していく広報事業に加えて、今年度は益田商工会議所青年部40周年の節目を迎えるにあたり記念式典の開催、記念誌の作成を担当させていただきます。 

 今年度スローガン「前へ。前へ。〜「過去」を温ね、「今」行動し、輝く「未来」を切り拓こう!〜」のもとにこれまで支えていただいた地域の皆様、関係各位の皆様に感謝の気持ちとこれから先の50周年、さらにその先へ繋げる思いを持って総務広報委員会一丸となって全力で職務を果たしていきます。1年間どうぞよろしくお願い致します。 

 

令和3年度総務広報委員会 委員長 松島 将 事業所:株式会社サイクルセンターまつしま

 令和3年4月19日(月)益田商工会議所3階大会議室において、益田商工会議所青年部(益田YEG)4月例会を感染予防対策実施の上で開催しました。


令和3年度益田商工会議所青年部(益田YEG)田原亮輔 会長あいさつ

 例会セレモニー終了後、益田商工会議所副会頭 安野伸路様、益田商工会議所専務理事 城市和人様、益田商工会議所女性会会長 原陽子様、商青OB会会長 静間徹博様をご来賓にお招きし令和3年度益田商工会議所青年部(益田YEG)通常総会を開催しました。


ご来賓の皆様
 
はじめに会長引継ぎ式が行われ、令和2年度会長 伏谷季敏君より令和3年度会長 田原亮輔君に会長バッチが引き継がれました。続いて田原亮輔会長より本年度の抱負が述べられ、ご来賓の皆様よりご祝辞を頂きました。

引継ぎ式
 
 本年度副会長、監事、理事に選任された部員が紹介され、議事へと進み令和2年度事業報告並びに収支決算、令和3年度委員会設置(案)(総務広報委員会、記念事業委員会、産業祭委員会、中国ブロック準備室、会員拡大強化室の3委員会1準備室1強化室)、令和3年度事業計画(案)並びに収支予算(案)が承認され通常総会は閉会しました。
 
議事進行
 益田YEGスローガン
『前へ。前へ。〜「過去」を温ね、「今」行動し、輝く「未来」を切り拓こう』のもと、私たち益田YEG一丸となって輝かしい未来へとつながる年度としていきたいと思います。
 
 結びに、ご多用の中、益田商工会議所青年部の通常総会にご臨席頂きましたご来賓の皆様、誠にありがとうございました。

副会長抱負 狩野祐治

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
2021年度総務委員会 2021/4/30 9:54

  令和3年度、副会長を務めさせていただきます有限会社インテリアときわの狩野祐治です。記念事業委員会を担当します。
益田商工会議所青年部(益田YEG)は今年度創立40周年という節目を迎えます。益田YEGスローガン『前へ。前へ。〜「過去」を温ね、「今」行動し、輝く「未来」を切り拓こう!〜』のもと部員一丸となって地域の活性化に繋がるような記念事業に向けて取り組んでまいります。コロナ禍で働き方、生活環境も変化し企業も個人も“適応“が求められるなか、柔軟に変化しながら一人ひとりが積極的に行動することで前へ。前へ。進んでいけると考え、事業を通じ部員全員が実りある一年を過ごせたと思えるよう活動していく所存でございます。
一年間どうぞよろしくお願いします。


令和3年度副会長 狩野 祐治  事業所:(有)インテリアときわ
 

副会長抱負 柳田晴治

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
2021年度総務委員会 2021/4/30 9:51

  令和3年度、益田商工会議所青年部(益田YEG)副会長を拝命致しました、有限会社花柳園の柳田晴治と申します。総務広報委員会並びに会員拡大強化室を担当します。

さて、皆様もご承知のとおり新型コロナウイルスの感染拡大により世界中、いろいろな方面で大きな影響が出ており、私たちの住む益田市も例外ではありません。
未だ予断を許さない状況下ですが、今年度益田YEGスローガン『前へ。前へ。〜「過去」を温ね、「今」行動し、輝く「未来」を切り拓こう!〜』のもと今この時代に益田YEGとして何ができるのか、何をするべきなのかを共に考え、行動していきたいと思います。
青年部の活動を通じ、地域への貢献、自己の成長、各事業所の繁栄に繋げられるよう精一杯務める所存でございます。
一年間よろしくお願い致します。

令和3年度副会長 柳田晴治  事業所:(有)花柳園

副会長抱負 大谷卓

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
2021年度総務委員会 2021/4/30 9:50

 令和3年度、副会長を拝命することになりました有限会社セゾングループの大谷卓と申します。産業祭委員会並びに中国ブロック大会準備室を担当します。
益田商工会議所青年部(益田YEG)は今年度創立40周年という節目の年を迎えました。今年度スローガン『前へ。前へ。〜「過去」を温ね、「今」行動し、輝く「未来」を切り拓こう!〜』のもと、益田YEGの存在意義を自覚し、しっかりと未来を見据えて行動していく所存でございます。
また、令和6年度日本商工会議所青年部第42回中国ブロック大会益田大会開催に向け、部員の意識向上を図る取り組みを企画・運営し、部員相互に納得のいく活路を見いだせるよう精一杯努めてまいりますので、どうぞ1年間よろしくお願いいたします。 

令和3年度副会長 大谷 卓 事業所:(有)セゾングループ

  令和3年4月14日(水)子どもたちにお金の重要性や役割を解説する絵本「おかねってなぁに?」35冊を益田市に寄贈しました。
絵本は、渋沢栄一翁が2024年に新紙幣の肖像になることを受け、日本商工会議所青年部(日本YEG)が企画・制作し、玄孫の澁澤健氏監修のもと、お金の歴史や役割、寄付や投資を含めた使い方などを子どもたちにわかりやすく解説する内容となっています。


益田市役所にて行われた寄贈式では、益田商工会議所青年部(益田YEG)田原亮輔会長より「子どもたちにお金の大切さを知っていただき将来の役に立てて欲しい」と目録が手渡され、山本浩章市長より「ありがとうございます。子どもたちがお金について手にとって学ぶ有効なものであり、市内小学校、図書館で活用していきたい。」と御礼のお言葉がありました。

令和3年度 会長あいさつ

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
2021年度総務委員会 2021/4/20 10:56

令和3年度 益田商工会議所青年部スローガン

前へ。前へ。
〜「過去」を温ね、「今」行動し、輝く「未来」を切り拓こう!〜 

 
 昭和56年5月、熱き志を持ったメンバーにより産声をあげた益田YEGは、今年度、創立40周年という節目の年を迎えます。今日まで絶えず歩んでこられましたのも様々な面よりご支援とご協力を賜りました全ての皆様の支えがあればこそと、心より感謝申し上げます。また、40年という長い年月の間、情熱を注ぎ、挑戦を積み重ね、成果を糧とし、次代へと繋いでこられました諸先輩方により益田YEGの歴史と伝統は築かれてきました。今年度は「記念式典」「記念事業」を通して歴史を紡いでこられた諸先輩方へ敬意を表し、その伝統をしっかりと次代へと繋いでいく大切な1年であると考えます。
さて、「新時代の幕開け」から3年が経ちますが、このような時代になることを誰が予想できましたでしょうか。令和元年末に存在が認知されました新型ウイルスは令和2年には全世界で蔓延し猛威をふるい、その後も収束の目途は立っておらず、私たちの日常生活に脅威を与えています。申し上げるまでもなく、わがふるさと益田市の経済界も観光・サービス産業を中心に重大な危機に直面しています。地域経済はこれまでも、少子高齢化に起因する商圏人口の減少や人手不足、後継者不足による廃業など多くの課題を抱えていました。新型ウイルスの蔓延は厳しい情勢に追い打ちをかけ、経済活動の根幹を揺るがすほどになっています。この難局を乗り越えるために私たちは経営者として、青年経済人として、地域を愛するものとして、益田YEG会員として今どうあるべきなのかが改めて問われています。
令和3年度スローガン「前へ。前へ。〜「過去」を温ね、「今」行動し、輝く「未来」を切り拓こう!〜」
「過去」にも「バブル崩壊」「リーマンショック」「多発する自然災害」など様々な苦境が先人たちの前に立ち塞がってきましたが、その都度乗り越えてきました。なぜ乗り越えることができたか。それは行動することを止めなかったからです。行動しなければ何も変わりません。私たちはこのような時代だからこそ「今」積極的に行動し、柔軟に変化し、前へ前へと歩を進め、新時代の先導者として次の世代へ輝く「未来」を与えられるように苦境を切り拓いていく必要があると考えます。そして「今」様々な経験を積むことが「未来」の益田YEGをさらに強くすると信じています。
私は益田YEGという場所を活動を通してさらに魅力あるところへ変えていきたい。魅力があるところには笑顔が溢れ、たくさんの人が集まります。人が集まれば交流が生まれ、今まで知らなかった様々な分野での情報収集があり、幅広い人脈作りができるチャンスがあります。さらには、YEG活動を通し多くの経験を重ね本気で取り組むからこそお互いを認め合い理解し、信頼関係が生まれ、お互いの絆となっていきます。その絆がさらなる魅力を生み出していくものだと考えます。もちろん私一人の力ではできません。益田YEGの皆で魅力を生み出して変えていきたい。そのため、ぜひ、YEG活動に率先して参加して下さい。そこには自企業では得難い気付きや達成感があり、それは前向きに活動することでさらに大きくなるはずです。様々な事象により時間を調整することが難しいこともありますが、その時はできない理由を考えるのではなく、できる方法を共に考えていきましょう。そして生み出された益田YEGの魅力を大きな力へ変え、令和3年度の事業を通じ、益田YEGを地域に愛され、地域に求められる魅力ある団体へと共に成長させ、輝ける「未来」を切り拓くために前へ前へと共に行動していきましょう。1年間どうぞよろしくお願い致します。
 
《活動方針》                《個人活動方針》
 一.40周年事業              一.自由な発想で新たなチャレンジをする
 一.地域貢献事業              一.未来を見据えて行動する
 一.益田YEGの魅力向上          一.仲間意識を持ち人を想う心を持って活動する
 一.関係人口拡大に繋がる事業        一.当事者意識を持って活動する
 一.組織強化・会員増強
 
 
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project (ログイン