ただいまの益田YEG会員数 40

uid000066_201706041110162e2f0084.jpg uid000066_20171018165551dc7e2e09.jpg uid000066_20171213104959bc459517.jpg uid000066_201711172331044bdcee4b.jpg uid000066_2017071508053809ae89f8.jpg
TOP  >  益田YEG  >  今年度 基本方針
事務局

益田商工会議所内

〒698-0033
島根県益田市元町12−7

TEL(0856)22−0088
FAX(0856)23−4343

E-mail:yeg@masudacci.jp

今年度 基本方針

スローガン・会長所信

令和3年度 益田商工会議所青年部スローガン

前へ。前へ。

〜「過去」を温ね、「今」行動し、輝く「未来」を切り拓こう!〜

 

昭和56年5月、熱き志を持ったメンバーにより産声をあげた益田YEGは、今年度、創立40周年という節目の年を迎えます。今日まで絶えず歩んでこられましたのも様々な面よりご支援とご協力を賜りました全ての皆様の支えがあればこそと、心より感謝申し上げます。また、40年という長い年月の間、情熱を注ぎ、挑戦を積み重ね、成果を糧とし、次代へと繋いでこられました諸先輩方により益田YEGの歴史と伝統は築かれてきました。今年度は「記念式典」「記念事業」を通して歴史を紡いでこられた諸先輩方へ敬意を表し、その伝統をしっかりと次代へと繋いでいく大切な1年であると考えます。

さて、「新時代の幕開け」から3年が経ちますが、このような時代になることを誰が予想できましたでしょうか。令和元年末に存在が認知されました新型ウイルスは令和2年には全世界で蔓延し猛威をふるい、その後も収束の目途は立っておらず、私たちの日常生活に脅威を与えています。申し上げるまでもなく、わがふるさと益田市の経済界も観光・サービス産業を中心に重大な危機に直面しています。地域経済はこれまでも、少子高齢化に起因する商圏人口の減少や人手不足、後継者不足による廃業など多くの課題を抱えていました。新型ウイルスの蔓延は厳しい情勢に追い打ちをかけ、経済活動の根幹を揺るがすほどになっています。この難局を乗り越えるために私たちは経営者として、青年経済人として、地域を愛するものとして、益田YEG会員として今どうあるべきなのかが改めて問われています。

令和3年度スローガン、「前へ。前へ。〜「過去」を温ね、「今」行動し、輝く「未来」を切り拓こう!」
「過去」にも「バブル崩壊」「リーマンショック」「多発する自然災害」など様々な苦境が先人たちの前に立ち塞がってきましたが、その都度乗り越えてきました。なぜ乗り越えることができたか。それは行動することを止めなかったからです。行動しなければ何も変わりません。私たちはこのような時代だからこそ「今」積極的に行動し、柔軟に変化し、前へ前へと歩を進め、新時代の先導者として次の世代へ輝く「未来」を与えられるように苦境を切り拓いていく必要があると考えます。そして「今」様々な経験を積むことが「未来」の益田YEGをさらに強くすると信じています。

私は益田YEGという場所を活動を通してさらに魅力あるところへ変えていきたい。魅力があるところには笑顔が溢れ、たくさんの人が集まります。人が集まれば交流が生まれ、今まで知らなかった様々な分野での情報収集があり、幅広い人脈作りができるチャンスがあります。さらには、YEG活動を通し多くの経験を重ね本気で取り組むからこそお互いを認め合い理解し、信頼関係が生まれ、お互いの絆となっていきます。その絆がさらなる魅力を生み出していくものだと考えます。もちろん私一人の力ではできません。益田YEGの皆で魅力を生み出して変えていきたい。そのため、ぜひ、YEG活動に率先して参加して下さい。そこには自企業では得難い気付きや達成感があり、それは前向きに活動することでさらに大きくなるはずです。様々な事象により時間を調整することが難しいこともありますが、その時はできない理由を考えるのではなく、できる方法を共に考えていきましょう。そして生み出された益田YEGの魅力を大きな力へ変え、令和3年度の事業を通じ、益田YEGを地域に愛され、地域に求められる魅力ある団体へと共に成長させ、輝ける「未来」を切り拓くために前へ前へと共に行動していきましょう。1年間どうぞよろしくお願い致します。


  

《 活 動 方 針 》

一.40周年事業 
一.地域貢献事業
一.益田YEGの魅力向上 
一.関係人口拡大に繋がる事業
一.組織強化・会員増強

 

《 個 人 活 動 方 針 》

一.自由な発想で新たなチャレンジをする
一.未来を見据えて行動する
一.仲間意識を持ち人を想う心を持って活動する
一.当事者意識を持って活動する

 

 

組織図

※準備中です

友達に伝える

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project (ログイン